nurture.jp サイトについて

第100回 看護師国家試験 午前問題(1 - 30問)

次の文を読み91~93の問いに答えよ。
 Aさん(70歳、男性)は、65歳の妻と2人で暮らしている。Aさんは67歳のときに安静時に振戦が現れ、パーキンソン病と診断された。ヤールの重症度分類ステージⅢで、要介護3である。Aさんの症状として、仮面様顔貌、小刻み歩行および前傾姿勢がある。歩行練習を行っており、排泄は時間はかかるが自分でできている。Aさんの長男夫婦は車で1時間のところに住んでおり、週末に様子を見にきている。Aさんは訪問看護を2週間に1回利用している。
問 91
転倒を予防するために、Aさんと妻に対して行う訪問看護師の指導で適切なのはどれか。2つ選べ。
  1. なるべく家の中で過ごす。
  2. 方向転換はすばやく行う。
  3. 夜間はポータブルトイレを利用する。
  4. 動きが遅いときには歩行練習を増やす。
  5. 歩行を開始する時は、妻がかけ声をかける。
35
問 92
Aさんは、ドパミン受容体刺激薬とレボドパ〈L-dopa〉を内服している。妻から「まったく動けない時もあれば、目を離している間に動いて、転んでいることもある」と訴えがあった。
Aさんへの対応に関する妻への訪問看護師の指導で適切なのはどれか。
  1. 「内服と症状との関連を観察しましょう」
  2. 「副作用が出ているので、お薬を止めましょう」
  3. 「お薬が効いてきたら、好きなようにさせてあげましょう」
  4. 「転倒の危険があるので、目を離さないようにしましょう」
1
問 93
妻は「今後もできる限り自宅で介護したいが、症状が進行してどんどん動けなくなってきて不安です。機能訓練すれば動けるようになるかしら」と話した。
 妻の不安を緩和するための訪問看護師の行動で適切なのはどれか。
  1. 長男夫婦に平日の機能訓練を依頼する。
  2. サービス担当者会議の開催を提案する。
  3. もう少しがんばって介護するように妻を励ます。
  4. 訪問リハビリテーションの適応ではないと話す。
2
次の文を読み94~96の問いに答えよ。
 Aさん(78歳、男性)は、76歳の妻と娘の3人で暮らしている。Aさんは、大腸癌と診断され、手術を受けてストーマを造設した。その後、再発し、治療を行ったが効果がなく、在宅で緩和ケアを行うことになった。Aさんは腹部の癌性疼痛を訴え、オキシコドン塩酸塩徐放錠を1日2回内服している。Aさんは食べたいときに食べたいものを少量ずつ食べているが、摂取量が減少してきている。妻は腰痛があり、娘は日中、仕事に出ている。
問 94
Aさんは退院後、訪問看護を利用することになった。
病棟看護師による家族への退院指導の内容で最も適切なのはどれか。
  1. 食事摂取量を継続的に観察する。
  2. ストーマを造ったので便秘の心配はない。
  3. ストーマ用品は訪問看護ステーションから買う。
  4. 痛みが増強したときは次回の外来受診時に伝える。
1
問 95
退院後、Aさんは痛みが強くなってきた。外来でオキシコドン塩酸塩徐放錠が増量されていた。その後、全身状態が悪化し傾眠傾向がみられるようになった。そのため、確実に疼痛がコントロールできるよう、フェンタニル貼付剤に切り替えることになった。AさんのADLは低下しており、介護している妻は腰痛の増強を訴え始めている。
訪問看護師による家族への指導で適切なのはどれか。
  1. フェンタニル貼付剤は痛みのある部位に貼る。
  2. フェンタニル貼付剤は痛みが出始めたら交換する。
  3. 残ったオキシコドン塩酸塩徐放錠は医療機関に返却する。
  4. 妻の腰痛の緩和のためにフェンタニル貼付剤を使用してもよい。
3
問 96
Aさんの傾眠傾向が強まり、時々無呼吸がみられるようになった。食事や水分の摂取量は少ないが、疼痛を訴えることはない。妻は「できればこのまま自宅でみていきたい」と話している。
自宅で看取るための体制として必要なのはどれか。
  1. 見舞い客の制限
  2. 訪問診療の導入
  3. 娘の介護休暇の取得
  4. 高カロリー輸液の開始
  5. 家族による24時間の観察
2
次の文を読み97~99の問いに答えよ。
 Aさん(65歳、男性)は、右下葉の肺癌(T3N2M0)と診断され、抗癌化学療法(シスプラチン+エトポシド)1クール4日間を4クール行うことになった。入院時のAさんは、体温36.2℃、呼吸数18/分、脈拍72/分、血圧124/74mmHgであった。経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉は98%で、咳嗽が時々みられるが、痰の喀出はなく、胸部の聴診にて副雑音はない。Aさんの血液検査の結果は、白血球5,600/µL、アルブミン3.7g/dL、CRP0.3mg/dLであった。Aさんは20歳ころから毎日20本の煙草を吸っていたが、60歳のときに禁煙した。
問 97
Aさんの入院時の状態で正しいのはどれか。
  1. 喫煙指数(ブリンクマン指数)は60である。
  2. 肺炎の徴候がみられる。
  3. 低栄養の可能性がある。
  4. リンパ節転移がある。
4
問 98
抗癌化学療法が開始されて2日が経過した。Aさんは悪心・嘔吐、下痢が出現し、食事はほとんど摂れていない。
Aさんへの看護師の対応で適切なのはどれか。
  1. 吐き気があるのは薬が効いている証拠だと話す。
  2. 無理して食べなくてもよいと話す。
  3. 嘔吐後の口腔ケアは控える。
  4. 経管栄養を検討する。
2
問 99
抗癌化学療法が開始されて5日が経過した。Aさんの血液検査の結果は、白血球2,100/µL(好中球50%)である。
看護師が行うAさんへの感染予防の対策で適切なのはどれか。
  1. 加熱食に変更する。
  2. マスクの着用を促す。
  3. 面会者の入室を禁止する。
  4. クリーンルームに入室とする。
2
次の文を読み100~102の問いに答えよ。
 Aさん(28歳、女性)は、サーフィンが趣味で休日は海岸にいることが多い。Aさんは数か月前から前胸部や腕に皮疹がみられ、日焼け後の疲労も強くなり、先月からサーフィンに行くことができなくなっていた。また数週間前から関節痛、微熱、倦怠感があり、2日前から39℃台の発熱が続いたため受診した。血液検査等の結果、全身性エリテマトーデス〈SLE〉を疑われ、緊急入院になった。
問 100
Aさんは顔面が赤くなっていることに驚き、「頬のあざのようなものは消えるのでしょうか」と医師に尋ねた。医師は「治療の効果が出てくれば消えます」と説明した。
Aさんは顔面の発赤で最も考えられるのはどれか。
  1. ばら疹
  2. 蝶形紅斑
  3. 結節性紅斑
  4. 伝染性紅斑
2
問 101
入院した翌日、Aさんの倦怠感はさらに強まり、顔面の浮腫が増強し、尿蛋白3+が認められた。Aさんが両膝と足関節の痛みや、歩行時の息切れがすると訴えたので、排尿はベッドサイドで行い、それ以外は安静にするように指示された。血液検査の結果は白血球3,000/µL、血小板11万/µL、溶血性貧血が認められ、酸素投与が1L/分で開始された。
Aさんの診断に必要と考えられる検査はどれか。
  1. 膀胱鏡
  2. 腎生検
  3. 関節鏡
  4. 骨髄穿刺
2
問 102
Aさんの病状が進行したため、メチルプレドニゾロンによるパルス療法が開始された。
Aさんのパルス療法による副作用への看護師の対応で適切なのはどれか。
  1. 病室の外でマスク着用を勧める。
  2. 水分接種は800mL/日にする。
  3. かつらの販売業者を紹介する。
  4. 口すぼめ呼吸法を勧める。
1
次の文を読み103~105の問いに答えよ。
 Aさん(50歳、女性)は右乳癌と診断され、手術を受けるために入院した。Aさんは夫を3年前に腎臓癌で亡くしたが、貸しビル業を引き継いでおり、経済的な問題はない。趣味はテニスである。
問 103
Aさんに右乳房温存腫瘍摘出術と腋窩リンパ節郭清が行われ、腋窩部にドレーンが挿入された。Aさんは、病室に戻ったころより患側上肢のだるさを訴えていた。
ドレーンを挿入したAさんへの対応で適切なのはどれか。
  1. ドレーンは水封式吸引装置に接続する。
  2. 積極的な上肢回旋運動でドレーンからの排液を促す。
  3. ドレーン抜去時まで刺入部のガーゼ交換は行わない。
  4. ドレーンを抜去した翌日から全身のシャワー浴は可能である。
4
問 104
Aさんの術後の経過は良好で、外来で抗癌化学療法を受ける予定で退院した。Aさんは患側上肢のだるさ、疲れやすさが残ると外来看護師に話した。
Aさんの患側上肢の浮腫を予防する方法で適切なのはどれか。
  1. 使い捨てカイロを患側の腋窩にあてる。
  2. 患側上肢はなるべく動かさないようにする。
  3. 患側上肢のマッサージを中枢から末梢へ行う。
  4. 患側上肢の静脈では抗癌薬の静脈内注射を行わない。
4
問 105
抗癌化学療法が終了し、1年半が経過した。Aさんは肋骨と脳に転移が疑われ、精密検査の目的で再び入院した。Aさんは、「もうテニスはできないでしょうね。何を楽しみにすればいいのでしょう。早く夫のそばにいきたいです」と涙を流した。
Aさんが現在感じている苦痛に最もあてはまるのはどれか。
  1. 貸しビル業を続けることの苦痛
  2. 生きる目的を問うスピリチュアルな苦痛
  3. 手術や化学療法を受けたことによる身体的な苦痛
  4. 社会的な役割が果たせないことによる社会的な苦痛
2
次の文を読み106~108の問いに答えよ。
 Aさん(73歳、女性)は、動悸の精密検査の目的で入院した。心電図や血液検査などで異常所見はなかったが、Aさんは全身倦怠感、食欲不振、腰痛、便秘などを訴え続け、薬物療法を行っているが症状は改善していないという。日中はぼんやりと過ごしており「心臓がドキドキして、ハッと朝早く目が覚め、死ぬんじゃないかと思い、その後眠れなくなる」と言う。
問 106
Aさんの状態で考えられるのはどれか。
  1. 脱抑制
  2. 慢性退行状態
  3. 認知機能の低下
  4. 自律神経失調症状
4
問 107
Aさんは、夜、寝る前に「入院しているのに治らない。こんなはずではなかった。ここにいても仕方がない」と看護師に訴えた。
このときの看護師の対応で最も適切なのはどれか。
  1. 「薬が効くまでの我慢ですよ」
  2. 「治っているように見えますよ」
  3. 「治らないと感じるのはつらいですね」
  4. 「治っていないことを医師に相談しますか」
3
問 108
Aさんは、午前0時ころ覚醒し、ベッドサイドでため息をついている。看護師のAさんへの対応で最も適切なのはどれか。
  1. 就寝時間を遅くするように言う。
  2. 眠れなくても横になっているよう話す。
  3. 医師に確認して睡眠導入薬の服用を促す。
  4. ベッドを離れるよう誘い、しばらく話をする。
4
次の文を読み109~111の問いに答えよ。
 Aちゃんは39週0日に体重3,000gで出生した。両親との3人家族である。顔貌などの特徴や心室中隔欠損があることからダウン症候群が強く疑われた。
問 109
出生当日、医師は、両親に染色体検査の必要性と、検査の結果が出てから詳しい話をすることを説明した。両親は大きなショックを受けていたが、検査に同意をした。
Aちゃんの入院中における両親への看護師の対応で最も適切なのはどれか。
  1. 早期療育の必要性を説明する。
  2. ダウン症候群の親の会への入会を勧める。
  3. ダウン症候群の治療について説明する。
  4. 一緒にAちゃんの世話をすることを提案する。
4
問 110
出生8日目、Aちゃんの体重は2,990gになった。母親は「初めての子どもで不安でしたが、少しずつ育児に慣れてきました。でも、うまく抱っこができません」と訴えた。
母親がAちゃんをうまく抱けない理由で考えられるのはどれか。
  1. 母親の愛着不足
  2. Aちゃんの筋緊張の低下
  3. Aちゃんの心室中隔欠損症
  4. Aちゃんの体重の増加不良
2
問 111
その後、Aちゃんはダウン症候群であると診断された。7か月児健康診査のためにAちゃんと母親が来院した。Aちゃんは常に口を開け、舌を出している。乳歯はまだ生えていない。首はすわっているが、お座りはできない。体重6,850g、哺乳量は650~700mL/日である。
Aちゃんの離乳食の開始時期で適切なのはどれか。
  1. これからすぐに
  2. 乳歯が生え始めてから
  3. 体重が7,500gになってから
  4. お座りができるようになってから
1
次の文を読み112~114の問いに答えよ。
 9歳のAちゃんは、2か月前から口渇、多飲および多尿があった。学校の健康診断で尿糖が陽性であったため、受診した。受診時の検査で、Aちゃんは、血糖398mg/dL(食後3時間経過)、HbA1c9.3%、動脈血pH7.40、尿糖4+、尿ケトン体+で、1型糖尿病の疑いで入院した。
問 112
Aちゃんのアセスメントで正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 高血糖
  2. 浸透圧利尿
  3. 腎機能の低下
  4. ケトアシドーシス
  5. グルカゴンの分泌低下
12
問 113
Aちゃんは1型糖尿病と診断され、インスリン注射4回法(朝・昼・夕に超速効型インスリン、就寝前に持続型インスリン)が開始された。
Aちゃんへのインスリン注射の指導で適切なのはどれか。
  1. 学校では注射をしない。
  2. 自己注射の習得を目指す。
  3. 毎回、同一部位に注射する。
  4. 注射は朝昼夕の食事の30分前に行う。
2
問 114
Aちゃんはインスリン療法を始めてからも食後2時間の血糖値が300~400mg/dLで高いため、超速攻型インスリンが増量された。また、退院後に学校で行う体育の授業を考え、80kcalの運動を15時に行うことになった。運動後、Aちゃんは悪心と手のふるえがあり、血糖値は54mg/dLであった。入院患者へ夕食が配膳されるのは18時である。
Aちゃんへの看護師の対応で優先されるのはどれか。
  1. おにぎりを食べさせる。
  2. 低血糖症状の教育を行う。
  3. グルコースを摂取させる。
  4. 夕食まで安静にするよう伝える。
3
次の文を読み115~117の問いに答えよ。
 Aさん(32歳、経産婦)は、身長160cmで、非妊時体重は52kgであった。妊娠33週2日の妊婦健康診査では、体重59kg、血圧110/76mmHg、尿蛋白(-)、尿糖(-)、浮腫+、子宮底長は28cmである。胎児心拍の最良聴取部位は左臍棘線中央にあり、「最近、動くとおなかが頻繁に張ります。便秘がひどくなっているせいかもしれません」と言う。
問 115
Aさんへの保健指導で適切なのはどれか。
  1. 骨盤位体操を勧める。
  2. 市販の下剤を服用することを勧める。
  3. 水分の摂取量を減らすことを勧める。
  4. 外出を控え自宅で過ごすことを勧める。
4
問 116
妊娠36週0日の午前10時、Aさんは、子宮収縮が強くなったため入院した。Aさんは、午後3時に体温37.3℃、脈拍86/分、血圧128/80mmHgであった。Aさんに分娩監視装置を装着した結果、陣痛周期4分、胎児心拍基線は150bpm、基線細変動があり、一過性徐脈はなかった。子宮口6cm開大で、「陣痛のときに、いきみたい感じがでてきました」と言う。
この時点のアセスメントで適切なのはどれか。
  1. 分娩第2期である。
  2. 胎児心拍は正常である。
  3. 母体に感染の徴候がみられる。
  4. 努責を行うための指導が必要である。
2
問 117
2時間後にAさんは、2,650gの児を娩出した。児のアプガースコアは1分後、5分後ともに9点であり、羊水混濁はなかった。出生3時間後の児の状態は、体温36.8℃、心拍数145/分、呼吸数65/分で、四肢に軽度のチアノーゼがみられる。
児の状態で考えられるのはどれか。
  1. 無呼吸発作
  2. 呼吸窮迫症候群〈RDS〉
  3. 胎便吸引症候群〈MAS〉
  4. 新生児一過性多呼吸〈TTN〉
4
次の文を読み118~120の問いに答えよ。
 Aさん(35歳、女性)は、夫と7歳の息子、2歳の娘と4人で暮らしている。ある日、震度6強の地震が起こり、Aさんの家は半壊した。Aさんは、倒れてきた家具の下敷きになるところだったが、何とか免れ、家族は全員かすり傷程度の怪我で済んだ。被災後、家族は避難所である小学校で生活している。
問 118
被災して1週間が過ぎた。避難所に派遣された看護師にAさんは、「地震の当日は不安が強く、突然怖くなりドキドキしました。考えがまとまらず、夢を見ているような感覚でした。翌日からはだいぶ落ち着き、日々楽になっている感じがします」と話した。
Aさんの状態で最も考えられるのはどれか。
  1. 心気症
  2. 身体化障害
  3. 強迫性障害
  4. 心的外傷後ストレス反応
4
問 119
Aさんから、「また地震の日のような状態になってしまうことが不安です。大丈夫でしょうか」と看護師に相談があった。
Aさんへの看護師の対応で適切なのはどれか。
  1. 「すぐに受診をした方が良いと思います」
  2. 「つらい体験は早く忘れるようにしましょう」
  3. 「誰にでもよいので積極的に自分の体験を話してください」
  4. 「気分転換にご主人と一緒に家の片付けなどをしてはいかがでしょう」
  5. 「強いストレスを体験したときには誰もがなり得る正常な反応です」
5
問 120
Aさんから、「7歳の息子がおねしょをするようになりました。落ち着きがなくなり、まとわりついてきます。2歳の娘の世話で精一杯なのに、息子に対してどう接したらよいでしょう」と看護師に相談があった。
Aさんへの看護師の対応で適切なのはどれか。2つ選べ。
  1. 「兄である自覚をもたせるようにしましょう」
  2. 「スキンシップを多くとるようにしましょう」
  3. 「息子さんの状態は気にしない方がよいですよ」
  4. 「なるべく一人で行動させるなど、自立を促すようにしましょう」
  5. 「『怖かったね、でももう大丈夫』など、安心させる言葉をかけてください」
25