ホーム国家試験看護師101回午前問題[1 - 30問]

第101回 看護師国家試験 - 午前問題[1 - 30問]

≪ 前へ1 / 4 ページを表示
  • 問1
    日本の平成21年(2009年)における男性の平均寿命に最も近いのはどれか。
  • 70年
  • 75年
  • 80年
  • 85年
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題1-C-a
  • 問2
    日本人の食事摂取基準(2010年版)において、摂取量の減少を目指しているのはどれか。
  • カリウム
  • 食物繊維
  • ナトリウム
  • カルシウム
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題2-A-a
  • 問3
    勤労女性に関して労働基準法で規定されているのはどれか。
  • 介護休業
  • 子の看護休暇
  • 産前産後の休業
  • 雇用における女性差別の禁止
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題2-B-d
  • 問4
    医療保険の給付の対象となるのはどれか。
  • 健康診断
  • 予防接種
  • 美容整形
  • 疾病の診察
解答: 4
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題3-A-e
  • 問5
    看護師に求められるアドボケーターの役割はどれか。
  • 指示者
  • 責任者
  • 代弁者
  • 調整者
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題4-B-a
  • 問6
    社会的欲求はどれか。
  • 帰属の欲求
  • 安全の欲求
  • 睡眠の欲求
  • 食の欲求
解答: 1
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題6-A-b
  • 問7
    先天異常はどれか。
  • 尋常性白斑
  • 急性灰白髄炎
  • 重症筋無力症
  • 心房中隔欠損症
解答: 4
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題7-A-b
  • 問8
    加齢による身体機能の変化で上昇・増加するのはどれか。
  • 肺活量
  • 基礎代謝率
  • 収縮期血圧
  • 胃液分泌量
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題7-G-a
  • 問9
    平成21年(2009年)国民生活基礎調査で、世帯総数における核家族世帯の割合はどれか。
  • 20%
  • 40%
  • 60%
  • 80%
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題8-B-b
  • 問10
    細胞外液に比べて細胞内液で濃度が高いのはどれか。
  • カルシウム
  • ナトリウム
  • カリウム
  • クロール
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題10-A-b
  • 問11
    死の三徴候に含まれるのはどれか。
  • 体温の低下
  • 心拍の停止
  • 筋肉の硬直
  • 角膜の混濁
解答: 2
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題10-C-a
  • 問12
    右季肋部の疝痛発作を特徴とする疾患はどれか。
  • 胃癌
  • 腸閉塞
  • 胆石症
  • 十二指腸潰瘍
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題11-A-m
  • 問13
    医療で用いる放射線量の単位はどれか。
  • Gy
  • IU
  • mEq
  • µg
解答: 1
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題12-B
  • 問14
    認知症を説明しているのはどれか。
  • 知的発達の遅延
  • 意識障害の出現
  • 全身の筋肉の進行性萎縮
  • 一度獲得した知的機能の衰退
解答: 4
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題12-G-a
  • 問15
    昇圧作用があるのはどれか。
  • インスリン
  • ワルファリン
  • アドレナリン
  • ニトログリセリン
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題13-A-e, 13-A-f, 13-A-i
  • 問16
    麻薬性鎮痛薬の副作用はどれか。
  • 心悸亢進
  • 食欲の亢進
  • 腸蠕動の抑制
  • 骨髄機能の抑制
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題13-A-k
  • 問17
    脈拍の測定方法の写真(別冊No.1 ①~④)を別に示す。
    正しいのはどれか。

解答: 4
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題14-B-a
  • 問18
    甲状腺機能検査を受ける患者の検査食はどれか。
  • ヨード制限食
  • 蛋白制限食
  • 脂肪制限食
  • 低残渣食
解答: 1
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題15-A-a
  • 問19
    腹腔ドレーンの排液バッグをベッド柵にかけた図を示す。
    正しいのはどれか。

1.2.
3.4.
解答: 2
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題15-B-g
  • 問20
    廃用症候群の予防で正しいのはどれか。
  • 温罨法
  • 安静臥床
  • 減塩食の提供
  • 関節可動域訓練
解答: 4
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題15-D-c
  • 問21
    成人に血液検査のための静脈血採血をする際、最も適した注射針はどれか。
  • 16G
  • 18G
  • 22G
  • 27G
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題17-D-b
  • 問22
    日本の法令で定められている酸素ボンベの色はどれか。
解答: 4
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題17-F-b
  • 問23
    日本の主要死因別にみた死亡率の推移を図に示す。

    悪性新生物の推移はどれか。
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
解答: 1
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題1-B-c
  • 問24
    訪問看護ステーションの管理者となることができるのはどれか。
  • 医師
  • 看護師
  • 薬剤師
  • 管理栄養士
  • 社会福祉士
解答: 2
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題9-C-b
  • 問25
    スタンダードプリコーションで予防するのはどれか。
  • 誤薬
  • 誤嚥
  • 患者誤認
  • 院内感染
  • 転倒・転落
解答: 4
科目: 必修問題
基準: 平成22年版必修問題16-C-a
  • 問26
    体温の恒常性を保つ中枢はどれか。
  • 大脳
  • 視床下部
  • 延髄
解答: 2
科目: 人体の構造と機能
基準: 平成22年版人体の構造と機能1-B-d, 6-B-a, 6-B-b, 6-B-c
  • 問27
    リンパ系について正しいのはどれか。
  • リンパ管には弁がない。
  • 吸収された脂肪を輸送する。
  • 胸管は鎖骨下動脈に合流する。
  • リンパの流れは動脈と同方向である。
解答: 2
科目: 人体の構造と機能
基準: 平成22年版人体の構造と機能4-C
  • 問28
    一酸化炭素中毒について正しいのはどれか。
  • 皮膚が蒼白になる。
  • 低酸素血症にはならない。
  • 治療として低流量の酸素を吸入する。
  • 一酸化炭素は酸素よりもヘモグロビンと結合しやすい。
解答: 4
科目: 人体の構造と機能
基準: 平成22年版人体の構造と機能5-C-a
  • 問29
    AはBの分泌を刺激するホルモンであると仮定する。
    ネガティブ・フィードバック機構を表すのはどれか。
  • Bの増加によってAの分泌が増加する。
  • Bの増加によってAの分泌が減少する。
  • Bの減少によってAの分泌が減少する。
  • Bの変化はAの分泌に影響を及ぼさない。
解答: 2
科目: 人体の構造と機能
基準: 平成22年版人体の構造と機能9-B-b
  • 問30
    ビタミンと欠乏症の組合せで正しいのはどれか。
1.
ビタミンB1
ウェルニッケ脳症
2.
ビタミンC
脚気
3.
ビタミンD
新生児メレナ
4.
ビタミンE
悪性貧血
解答: 1
科目: 疾病の成り立ちと回復の促進
基準: 平成22年版疾病の成り立ちと回復の促進
≪ 前へ1 / 4 ページを表示