第101回看護師国家試験 - 午前問題[91 - 120問]

次の文を読み91~93の問いに答えよ。
 Aさん(88歳、男性)は、脳梗塞の後遺症で、要介護の認定を受けている。Aさんは意思を明確に表出できない。63歳の娘が介護を行っている。娘が食事形態を工夫して摂食の援助を行ってきたが、これまでにAさんは2回の誤嚥性肺炎を起こしている。今回、3回目の誤嚥性肺炎で入院し、低栄養状態を改善するための栄養管理方法の1つとして、医師が娘に胃瘻の造設を提案した。
問91
胃瘻について説明を受けた娘は、「父は管を入れてまで生きたくないと日頃から言っていたので、胃瘻にはしたくありません」と言った。
看護師の言葉で適切なのはどれか。
  1. 「娘さんの決定に私も賛成します」
  2. 「お父様に長生きしてほしいと思いませんか」
  3. 「胃瘻から栄養を摂ればまた元気になりますよ」
  4. 「お父様の意向に娘さんも同意されるのですね」
4
問92
Aさんは胃瘻を造設しないで、自宅で療養することになった。退院後に訪問診療と訪問看護とを受ける手続きをして退院した。退院後3日、訪問看護師はAさんの自宅を訪問した。
Aさんを援助するための情報で最も重要なのはどれか。
  1. 身体活動性
  2. 経口摂取の状況
  3. 娘の調理の技術
  4. 排泄介助の方法
  5. 娘の胃瘻に関する知識
2
問93
Aさんは、娘が作るお粥や野菜・肉類のペーストをほとんど摂取しなくなってきた。「父は果物が好きだったから、おいしい手作りジュースを飲ませたいのです」と、訪問看護師に相談があった。
娘に対する助言で適切なのはどれか。
  1. 「ジュースにとろみをつけてみましょう」
  2. 「ジュースなら買ってきた方が簡単ですよ」
  3. 「ジュースばかりでは再入院の可能性が高くなります」
  4. 「お粥や野菜も果物と一緒にジュースに混ぜてはいかがでしょう」
1
次の文を読み94~96の問いに答えよ。
 Aさん(74歳、女性)は、右肺尖部癌と診断され、外科的治療は困難で、外来で抗癌化学療法を実施していた。半年後、胸壁への浸潤が進行したため、抗癌化学療法目的で入院した。Aさんは5年前に夫を亡くしてからは1人暮らしをしており、入院前は、近所に住むAさんの娘が毎日訪問していた。
問94
入院後、呼吸苦と前胸部の痛みに対して、緩和ケアチームが関わることを主治医がAさんに提案した。その後、Aさんは病棟看護師に「私は末期ではないのになぜ緩和ケアを受けるのですか」と尋ねた。
病棟看護師の説明で適切なのはどれか。
  1. 「有効な治療方法がないので緩和ケアに切り替えましょう」
  2. 「痛みが我慢できるなら緩和ケアを受ける必要はないですね」
  3. 「緩和ケアは病気の段階とは関係なくつらい症状を緩和するものです」
  4. 「痛みを軽減するための麻薬が処方できるのは緩和ケアチームの医師に限られるからです」
3
問95
Aさんは抗癌化学療法を開始したが、副作用が強かったため、「治療をやめて家で過ごしたい」と希望し、退院した。退院後3日、訪問看護が開始された。
訪問看護師が今後注意すべきAさんの症状はどれか。
  1. 構音障害
  2. 聴力の低下
  3. 片麻痺の出現
  4. 上肢の強い痛み
4
問96
Aさんは現在、在宅酸素療法2L/分に加えて定期薬としてオキシコドン塩酸塩水和物徐放薬10mgを1日2回内服し、臨時追加薬としてオキシコドン塩酸塩水和物を使用している。
訪問看護師がAさんに対して行う疼痛管理の指導として適切なのはどれか。
  1. 痛みがないときは定期薬の内服を中止する。
  2. 食事が食べられなかったときは、定期薬の内服を中止する。
  3. 臨時追加薬を内服した日付と時刻とを記録する。
  4. 痛みが強いときは、臨時追加薬は間隔を空けずに追加内服する。
3
次の文を読み97~99の問いに答えよ。
 Aさん(58歳、女性)は、年前に慢性閉塞性肺疾患と診断された。3日前に38.0℃の発熱があった。市販の総合感冒薬を内服して様子をみていたが、昨晩から黄色痰がみられ、息苦しさが増強した。外来を受診したところ肺炎と診断され、入院した。入院時の状態は、体温38.2℃、呼吸数28/分、脈拍92/分、血圧138/72mmHg。
問97
現時点の症状として考えられるのはどれか。
  1. 呼吸の断続性副雑音
  2. Biot〈ビオー〉呼吸
  3. 顔面浮腫
  4. 皮下気腫
1
問98
1週後、Aさんは肺炎が改善し、酸素吸入(1L/分)を行っている。病棟内での歩行が許可されたが、Aさんは歩くとすぐ息切れがすると言ってベッド上で過ごすことが多い。
Aさんへの指導で適切なのはどれか。
  1. 「肩呼吸の練習をしてみましょう」
  2. 「歩いた後に水分補給をしてください」
  3. 「安静時に酸素の量を増やして回復を待ちましょう」
  4. 「息切れがあるときに血液の酸素飽和度を測定してみましょう」
4
問99
Aさんは、酸素吸入(1L/分)を行いながら入浴することが許可された。看護師は、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉と脈拍とを測定しながら入浴の見守りを行った。測定時の結果と症状とを表に示す。
問99の画像
次回入浴時の対策で適切なのはどれか。
  1. 脱衣時の座位の時間を延長する。
  2. 今後の入浴では酸素吸入は必要ない。
  3. 浴槽の湯に入る時間を10分間確保する。
  4. 身体を洗った後に休憩してから髪を洗う。
4
次の文を読み100~102の問いに答えよ。
 Aさん(55歳、男性)、会社員。野球が趣味で、野球チームに所属し毎週日曜日に試合や練習を行っている。7月のある日曜日、気温32℃、湿度86%。Aさんは野球の試合で守備についていたとき、急激な下肢の痛みが出現し倒れこんだ。その試合を偶然観戦していた看護師がAさんの状態を観察した。ジャパン・コーマ・スケール〈JCS〉Ⅰ-1。呼吸数30/分。脈拍120/分、整。身体は熱く、多量の発汗がみられた。
問100
この看護師の対応で優先順位が高いのはどれか。
  1. Aさんに既往歴を尋ねる。
  2. Aさんの下肢のマッサージを行う。
  3. Aさんにスポーツドリンクを飲ませる。
  4. Aさんと同様の症状がある他の選手を把握する。
3
問101
Aさんは野球チームの監督の車で病院に搬送され、熱中症と診断された。Aさんの状態は、JCSⅡ-10。体温38.2℃。呼吸数28/分。脈拍98/分、整。血圧112/62mmHg。SpO298%。嘔気・嘔吐を認める。
救急外来の看護師のAさんへの対応で適切なのはどれか。2つ選べ。
  1. 下肢を挙上させる。
  2. ばち状指の有無を確認する。
  3. 静脈路の確保の準備をする。
  4. 頸部の両側を氷嚢で冷やす。
  5. 回復傾向にあることをAさんに伝える。
34
問102
入院後2日、Aさんは回復し退院することになった。Aさんは「暑かったから、試合中は水分を摂るようにしていたのに、なぜ熱中症になったのだろう」と病棟看護師に尋ねた。
病棟看護師のAさんへの説明で適切なのはどれか。
  1. 「下肢の痛みが原因です」
  2. 「湿度の高さも関係します」
  3. 「糖分の不足も関係します」
  4. 「野球はやめた方が良いです」
2
次の文を読み103~105の問いに答えよ。
 Aさん(56歳、男性)は、若いころテニスの選手で、現在も趣味でテニスを続けている。膀胱癌と診断され、膀胱全摘除術・回腸導管造設術の手術目的で入院した。Aさんは「外来で病名を聞いたときは動揺しましたが、家族と話し合い、今は心の準備ができています」と看護師に話した。
問103
手術までの観察項目で緊急の処置を必要とする可能性があるのはどれか。
  1. 尿閉
  2. 頻尿
  3. 潜血尿
  4. 排尿時痛
1
問104
術後5日、順調に回復しているAさんのストーマの色はどれか。
  1. 白色  ~ 淡黄色
  2. 黄土色 ~ 茶色
  3. 桃色  ~ 鮮紅色
  4. 灰色  ~ 黒色
3
問105
看護師は、Aさんから「退院後はどのように生活が変わりますか」と質問された。
看護師の説明で適切なのはどれか。
  1. 「入浴の際、浴槽の湯に入ることはできません」
  2. 「食事の内容を変える必要はありません」
  3. 「排尿のときは導尿が必要です」
  4. 「テニスはできなくなります」
2
次の文を読み106~108の問いに答えよ。
 Aさん(76歳、女性)は、夫と2人で暮らしている。これまで健康に生活しており、登山会への参加を趣味にしていた。3週前に、散歩中に転び、殿部から腰背部にかけての痛みがあったが様子をみていた。Aさんは痛みのため臥床して過ごすことが多くなり、次第に足に力が入らず立ちあがりも困難になった。食事は夫が購入した弁当を残さず食べていた。2日前から1日中臥床するようになったため、夫の介助で受診し、腰椎圧迫骨折と診断され入院した。
問106
入院時のアセスメントで最も適切なのはどれか。
  1. 嚥下困難がある。
  2. 筋力の低下がある。
  3. 関節の強直がある。
  4. 痛みは我慢できる程度である。
2
問107
入院後5日が経過し、Aさんは病室内を歩くようになったが、腰痛を訴えている。
看護師が検討すべき事項として適切なのはどれか。
  1. 鎮痛薬の内服
  2. T字杖の使用
  3. 痛みのある間の臥床保持
  4. 就寝中のコルセット装着
1
問108
Aさんの経過は順調で歩行機能も回復したため、退院することになった。
退院直後の生活指導として適切なのはどれか。
  1. 登山への参加
  2. 散歩の再開と継続
  3. 居室内リフトの設置
  4. 体幹の回旋運動の実施
2
次の文を読み109~111の問いに答えよ。
 Aちゃん(生後3か月)は、体重2,850gで出生した。Aちゃんは、出生直後から心雑音を認め、中等度の心室中隔欠損症と診断された。強心薬と利尿薬との内服で経過観察していた。昨日から喘鳴と哺乳力低下とがみられるようになり、心不全の治療のため入院となった。入院時、Aちゃんは体重5,050g、体温37.6℃、呼吸数52/分、発汗が著明である。チアノーゼはみられない。ミルクは約100mL/回を1日6、7回哺乳している。
問109
Aちゃんの血行動態で正しいのはどれか。
  1. 肺血流量の増加
  2. 右心室から左心室への短絡
  3. 大動脈から肺動脈への短絡
  4. 大静脈から還流する血液量の増加
1
問110
Aちゃんの看護計画で適切なのはどれか。
  1. 1日2回沐浴する。
  2. 毎朝授乳前に体重測定をする。
  3. 啼泣時はミルクを追加して与える。
  4. フォローアップミルクを飲ませる。
2
問111
入院後5日の朝、看護師が病室に行くと母親は疲れた顔をしてAちゃんを抱いていた。母親は「この子は泣いたら泣き止まないんです。オムツを替えても抱っこしてもだめなんです。この子は私を責めているんです。私は母親失格です」と涙を浮かべて話した。
母親の話を傾聴した後の対応で最も適切なのはどれか。
  1. 精神科の受診を勧める。
  2. 親がしっかりしなければと励ます。
  3. 泣き止むまで泣かせて良いと伝える。
  4. 母親の対応が悪いのではないと伝える。
4
次の文を読み112~114の問いに答えよ。
 Aちゃん(5歳、男児)は、両親と2歳の妹と4人で暮らしている。Aちゃんは、1歳のときにてんかんと診断され、抗てんかん薬を服用していた。数日前から、失禁を伴う意識消失発作がみられるようになったため、検査と治療の目的で入院した。母親によると、抗てんかん薬を飲ませるのを忘れてしまうことがあったという。Aちゃんは、幼稚園に通っており、外で遊んだり絵本を見たりすることが好きである。知的発達の遅れはみられない。
問112
Aちゃんは、入院後、突然意識が消失して動作が止まる10秒程度の発作が1日に数回みられているが、その他は元気に過ごしている。
Aちゃんへの看護で正しいのはどれか。
  1. 排泄時には付き添う。
  2. 食事はきざみ食とする。
  3. ベッド上で安静とする。
  4. 日中は病室を薄暗くしておく。
1
問113
入院後2日。Aちゃんは、午後1時から脳波検査の予定である。看護師は、Aちゃんが自然入眠して脳波検査が行えるよう計画していた。Aちゃんは、午前5時に自然に覚醒した。
Aちゃんへの看護師の対応で適切なのはどれか。
  1. 再度眠らせ、朝食時に起床を促す。
  2. 再度眠らせ、自然に覚醒するまで寝かせておく。
  3. そのまま覚醒させ、眠くなったら寝て良いと伝える。
  4. そのまま覚醒させ、午前中は眠らないよう働きかける。
4
問114
てんかん発作がみられなくなり、Aちゃんは退院することになった。退院後の内服について、母親は「指導を受けて忘れない工夫はしているのですが、2歳の妹の世話が大変で、つい忘れてしまうのではないかと不安です」と言う。
看護師の対応で適切なのはどれか。
  1. 服薬を忘れたときは、次の服薬時に倍量を飲ませるよう指導する。
  2. 母親の育児・家事の負担を減らす方法について話し合う。
  3. 服薬管理はAちゃん自身に任せるよう指導する。
  4. 入院期間の延長を提案する。
2
次の文を読み115~117の問いに答えよ。
 Aさん(28歳、初産婦)は、妊娠30週である。今朝から性器出血が少量認められたため外来を受診した。受診時、子宮収縮は1時間に4、5回認められ、Aさんは時々、軽い痛みを訴えた。今までの妊娠経過では、異常は認められていない。身長160cm、体重60kg(非妊時54kg)である。
問115
診察の結果、切迫早産と診断された。その他の異常は指摘されていない。
注意すべき検査項目はどれか。
  1. CRP
  2. 尿蛋白
  3. AST〈GOT〉
  4. ヘモグロビン
  5. プロトロンビン時間
1
問116
Aさんは入院し、子宮収縮抑制薬の点滴静脈内注射が開始された。入院翌日の朝、1時間に2、3回の不規則な子宮収縮はあるが痛みはない。性器出血はない。子宮口は閉鎖している。体温37.1℃。脈拍88/分、整。血圧130/76mmHg。
この時点の看護計画として最も適切なのはどれか。
  1. 食事は流動食とする。
  2. 清潔ケアは清拭とする。
  3. 排尿は毎回導尿とする。
  4. 血圧を継続モニタリングする。
2
問117
Aさんは、妊娠32週に破水した。羊水混濁はない。胎児は頭位である。
破水直後の対応として最も適切なのはどれか。
  1. 外陰部洗浄を行う。
  2. セミファーラー位とする。
  3. 胎児心拍モニターを装着する。
  4. 帝王切開の術前準備を開始する。
3
次の文を読み118~120の問いに答えよ。
 Aさん(16歳、女子)は、両親と弟と4人で暮らしている。中学生の頃からモデルにあこがれてダイエットを始めた。高校に入ってからは、太ることへの恐怖から食べた後に吐いたり、緩下薬を服用することも多くなった。次第にやせが顕著になり、無月経となった。Aさんの状態を心配した母親に伴われ、心療内科を受診し、医師から入院治療を勧められ、Aさんは入院した。
問118
入院時、Aさんの身長は162cm、体重は36kg。体温35.0℃。血圧90/60mmHg。脈拍56/分、不整。
血液検査で最も注意すべきデータはどれか。
  1. 尿酸
  2. 血清カリウム
  3. 中性脂肪
  4. HbA1c
2
問119
入院後、服薬が開始された。体重と摂取エネルギーについては目標値を設定し、体重増加に応じて活動範囲を拡大していくことになった。医師からAさんに治療方針が説明され、行動範囲は病室内とし、食後1時間はベッド上で安静を保つよう伝えられた。入院後7日、Aさんは「太るのが怖くて、また吐いてしまった」と暗い表情で看護師に話した。
看護師の対応で最も適切なのはどれか。
  1. あまり気にしないよう伝える。
  2. 本人に目標体重を再度確認する。
  3. 吐いた分を間食で補うよう提案する。
  4. 自分から嘔吐について話したことを肯定的に評価する。
4
問120
入院後1か月、Aさんの体重は徐々に増加してきたため、食後1時間はベッド上で安静とし、病棟内の歩行が許可された。Aさんは、頻繁に早足で廊下を歩いたり、病室でエアロビクスをしたりしている。入浴には1時間以上かけており、食後1時間の安静時間にはベッド上で腹筋運動をしていることがある。
この時点における看護師の対応で最も適切なのはどれか。
  1. 過活動を見かけたら注意する。
  2. 医師に行動範囲の再検討を依頼する。
  3. Aさんと1日の過ごし方について話し合う。
  4. Aさんを看護師が観察しやすい病室に移動させる。
3

看護師国家試験