ホーム国家試験看護師104回午後問題[1 - 30問]

第104回 看護師国家試験 - 午後問題[1 - 30問]

≪ 前へ1 / 4 ページを表示
  • 問1
    日本の平成24年(2012年)における合計特殊出生率はどれか。
  • 0.91
  • 1.41
  • 1.91
  • 2.41
解答: 2
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問2
    警察庁の「平成24年(2012年)中における自殺の状況」の自殺者の原因・動機のうち最も多いのはどれか。
  • 学校問題
  • 家庭問題
  • 勤務問題
  • 健康問題
解答: 4
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問3
    食中毒の原因となるのはどれか。
  • セラチア
  • カンジダ
  • サルモネラ
  • クラミジア
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問4
    要介護状態の区分の審査判定業務を行うのはどれか。
  • 介護認定審査会
  • 介護保険審査会
  • 社会福祉協議会
  • 社会保障審議会
解答: 1
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問5
    社会的欲求はどれか。
  • 安全の欲求
  • 帰属の欲求
  • 睡眠の欲求
  • 排泄の欲求
解答: 2
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問6
    乳幼児で人見知りが始まる時期はどれか。
  • 生後1~2か月
  • 生後6~8か月
  • 生後18~24か月
  • 生後36~42か月
解答: 2
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問7
    人口年齢区分における15歳から64歳までの年齢区分はどれか。
  • 従属人口
  • 年少人口
  • 老年人口
  • 生産年齢人口
解答: 4
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問8
    平成24年(2012年)の国民生活基礎調査で、世帯総数における核家族世帯の割合に最も近いのはどれか。
  • 30%
  • 45%
  • 60%
  • 75%
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問9
    介護保険法に基づき訪問看護を行うことができる職種はどれか。
  • 医師
  • 薬剤師
  • 理学療法士
  • 介護福祉士
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問10
    嚥下困難のある患者への嚥下訓練において連携する職種で最も適切なのはどれか。
  • 歯科技工士
  • 言語聴覚士
  • 技師装具士
  • 臨床工学技士
解答: 2
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問11
    体温を調節しているのはどれか。
  • 小脳
  • 中脳
  • 視床下部
解答: 4
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問12
    意識障害がある患者への救命救急処置で最も優先されるのはどれか。
  • 保温
  • 輸液
  • 酸素吸入
  • 気道確保
解答: 4
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問13
    低体温が起こるのはどれか。
  • 尿崩症
  • 褐色細胞腫
  • 甲状腺機能低下症
  • Cushing〈クッシング〉症候群
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問14
    チアノーゼが出現するのはどれか。
  • 血清鉄の増加
  • 血中酸素分圧の上昇
  • 血中二酸化炭素分圧の上昇
  • 血中還元ヘモグロビン量の増加
解答: 4
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問15
    貧血の定義で正しいのはどれか。
  • 血圧が下がること
  • 脈拍を自覚すること
  • 立ち上がると失神すること
  • 血色素量が減っていること
解答: 4
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問16
    抗癌薬の副作用(有害事象)である骨髄抑制を示しているのはどれか。
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 神経障害
  • 白血球減少
解答: 4
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問17
    貼付剤として用いられる薬剤はどれか。
  • フェンタニル
  • リン酸コデイン
  • モルヒネ塩酸塩
  • オキシコドン塩酸塩
解答: 1
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問18
    患者とのコミュニケーションで適切なのはどれか。
  • 専門用語を用いて説明する。
  • 視線を合わせずに会話をする。
  • 沈黙が生じたら会話を終える。
  • 患者の非言語的な表現を活用する。
解答: 4
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問19
    成人の安静時における異常なのはどれか。
  • 体温36.2℃
  • 呼吸数12/分
  • 脈拍116/分
  • 血圧128/84mmHg
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問20
    成人男性の間欠的導尿においてカテーテルを挿入する長さで適切なのはどれか。
  • 6~8cm
  • 12~14cm
  • 18~20cm
  • 24~26cm
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問21
    最も高い照度を必要とするのはどれか。
  • 病室
  • 手術野
  • 外来の廊下
  • ナースステーション
解答: 2
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問22
    成人の鼻孔から噴門までの長さで適切なのはどれか。
  • 5~15cm
  • 25~35cm
  • 45~55cm
  • 65~75cm
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問23
    輸液ポンプに設定する項目はどれか。
  • 流量
  • 開始時刻
  • 薬剤の濃度
  • 薬剤の処方内容
解答: 1
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問24
    医療用酸素ボンベと酸素流量計とを図に示す。

    酸素の流量を調節するのはどれか。
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問25
    直流除細動器の使用目的はどれか。
  • 呼吸の促進
  • 血圧の降下
  • 不整脈の治療
  • 意識レベルの評価
解答: 3
科目: 必修問題
基準: 平成26年版必修問題
  • 問26
    内臓痛が生じるのはどれか。
  • 臓器の切開
  • 管腔臓器の受動的な過伸展
  • 細胞内カリウムイオン濃度の上昇
  • 細胞外ナトリウムイオン濃度の上昇
  • 問27
    蛋白質で正しいのはどれか。
  • アミノ酸で構成される。
  • 唾液により分解される。
  • 摂取するとそのままの形で体内に吸収される。
  • 生体を構成する成分で最も多くの重量を占める。
  • 問28
    膀胱で正しいのはどれか。
  • 漿膜で覆われている。
  • 直腸の後方に存在する。
  • 粘膜は移行上皮である。
  • 筋層は2層構造である。
  • 問29
    ホルモンとその産生部位の組合せで正しいのはどれか。
1.
エリスロポエチン
膵臓
2.
アドレナリン
副腎皮質
3.
成長ホルモン
視床下部
4.
レニン
腎臓
  • 問30
    糖尿病神経障害で正しいのはどれか。
  • 運動神経は温存される。
  • 感覚障害は中枢側から起こる。
  • 三大合併症の中では晩期に発症する。
  • 自律神経障害は無自覚性低血糖に関与する。
≪ 前へ1 / 4 ページを表示