ホーム国家試験看護師106回午後問題[1 - 30問]

第106回 看護師国家試験 - 午後問題[1 - 30問]

≪ 前へ1 / 4 ページを表示
  • 問1
    日本の平成26年(2014年)の死亡数はどれか。
  • 約47万人
  • 約87万人
  • 約127万人
  • 約167万人
  • 問2
    平成25年(2013年)の国民健康・栄養調査による40歳代男性の肥満者の割合に最も近いのはどれか。
  • 15%
  • 35%
  • 55%
  • 75%
  • 問3
    光化学オキシダントの原因物質はどれか。
  • ヒ素
  • フロン
  • 窒素酸化物
  • ホルムアルデヒド
  • 問4
    後期高齢者医療制度が定められているのはどれか。
  • 医療法
  • 健康保険法
  • 高齢社会対策基本法
  • 高齢者の医療の確保に関する法律
  • 問5
    国際看護師協会〈ICN〉による看護師の倫理綱領における看護師の基本的責任はどれか。
  • 疾病の回復
  • 医師の補助
  • 苦痛の緩和
  • 薬剤の投与
  • 問6
    肺サーファクタントの分泌によって胎児の肺機能が成熟する時期はどれか。
  • 在胎10週ころ
  • 在胎18週ころ
  • 在胎26週ころ
  • 在胎34週ころ
  • 問7
    入院患者の与薬時に誤認を防止するために確認するのは患者の名前とどれか。
  • 診察券
  • お薬手帳
  • 健康保険証
  • ネームバンド
  • 問8
    基礎代謝量が最も多い時期はどれか。
  • 青年期
  • 壮年期
  • 向老期
  • 老年期
  • 問9
    介護老人保健施設の設置目的が定められているのはどれか。
  • 介護保険法
  • 健康保険法
  • 地域保健法
  • 老人福祉法
  • 問10
    病床数300床以上の医療機関で活動する感染制御チームで適切なのはどれか。
  • 医師で構成される。
  • 各病棟に配置される。
  • アウトブレイク時に結成される。
  • 感染症に関するサーベイランスを行う。
  • 問11
    神経伝達物質はどれか。
  • アルブミン
  • フィブリン
  • アセチルコリン
  • エリスロポエチン
  • 問12
    キューブラー・ロス,E.による死にゆく人の心理過程で第段階はどれか。

  • 死ぬことへの諦め
  • 延命のための取り引き
  • 死を認めようとしない否認
  • 死ななければならないことへの怒り
  • 問13
    下血がみられる疾患はどれか。
  • 肝胞
  • 大腸癌
  • 卵巣癌
  • 腎盂腎炎
  • 問14
    無尿の定義となる1日の尿量はどれか。
  • 0mL
  • 100mL未満
  • 400mL未満
  • 700mL未満
  • 問15
    飛沫感染するのはどれか。
  • 疥癬
  • コレラ
  • A型肝炎
  • インフルエンザ
  • 問16
    水痘の症状はどれか。
  • 耳下腺の腫脹
  • 両部のびまん性紅斑
  • 水疱へと進行する紅斑
  • 解熱前後の斑状丘疹性発疹
  • 問17
    血漿と等張のブドウ糖溶液の濃度はどれか。
  • 5%
  • 10%
  • 20%
  • 50%
  • 問18
    ジャパン・コーマ・スケール〈JCS〉で「刺激しても覚醒せず痛み刺激に対して払いのけるような動作をする」と定義されるのはどれか。
  • Ⅰ-3
  • Ⅱ-20
  • Ⅲ-100
  • Ⅲ-300
  • 問19
    グリセリン浣腸を実施する際、腸管孔の危険性が最も高い体位はどれか。
  • 立位
  • 仰臥位
  • 腹臥位
  • 左側臥位
  • 問20
    体位を図に示す。
    Sims〈シムス〉位はどれか。
1.2.
3.4.
  • 問21
    Kaup〈カウプ〉指数の計算式はどれか。
  • 体重(g)身長(cm)2×10
  • 体重(g)身長(cm)3×104
  • 体重(kg)身長(m)2
  • 実測体重(kg) - 標準体重(kg)標準体重(kg)×100
  • 問22
    針刺し事故によって感染するのはどれか。
  • RSウイルス
  • B型肝炎ウイルス
  • ヘルペスウイルス
  • サイトメガロウイルス
  • 問23
    氷枕の作り方で適切なのはどれか。
  • 氷を隙間なく入れる。
  • 濡れたタオルで覆う。
  • 内部の空気は残しておく。
  • 水漏れがないことを確認する。
  • 問24
    一次救命処置時の成人への胸骨圧迫の深さで適切なのはどれか。
  • 2~3cm
  • 5~6cm
  • 8~9cm
  • 11~12cm
  • 問25
    災害時に最も優先して治療を行うのはどれか。
  • 脱臼
  • 気道熱傷
  • 足関節捻挫
  • 過換気症候群
  • 問26
    刺激伝導系でないのはどれか。
  • 腱索
  • 洞房結節
  • 房室結節
  • Purkinje〈プルキンエ〉線維
  • 問27
    アルドステロンで正しいのはどれか。
  • 近位尿細管に作用する。
  • 副腎髄質から分泌される。
  • ナトリウムの再吸収を促進する。
  • アンジオテンシンⅠによって分泌が促進される。
  • 問28
    慢性閉塞性肺疾患について正しいのはどれか。
  • 残気量は減少する。
  • %肺活量の低下が著明である。
  • 肺コンプライアンスは上昇する。
  • 可逆性の気流閉塞が特徴である。
  • 問29
    腰椎椎間板ヘルニアで正しいのはどれか。
  • 高齢の女性に多発する。
  • 診断にはMRIが有用である。
  • 好発部位は第1・2腰椎間である。
  • 急性期では手術による治療を行う。
  • 問30
    配偶者暴力相談支援センターの機能はどれか。
  • 一時保護
  • 就労の仲介
  • 外傷の治療
  • 生活資金の給付
≪ 前へ1 / 4 ページを表示