第107回 看護師国家試験 午前問題(31 - 60問)
問 31
排泄行動が自立している入院中の男性高齢者が、夜間の排尿について「夜は何度もトイレに行きたくなります。そのたびにトイレまで歩くのは疲れます」と訴えている。
この患者の看護で適切なのはどれか。
  1. おむつの使用
  2. 夜間の尿器の使用
  3. 就寝前の水分摂取の制限
  4. 膀胱留置カテーテルの挿入
2
問 32
良質の医療を受ける権利を宣言しているのはどれか。
  1. リスボン宣言
  2. ヘルシンキ宣言
  3. ジュネーブ宣言
  4. ニュルンベルク綱領
1
問 33
看護における問題解決過程で誤っているのはどれか。
  1. 多面的な情報を分析する。
  2. 看護問題の優先順位は変化する。
  3. 家族を含めた看護計画を立てる。
  4. 看護問題は疾患によって確定される。
4
問 34
検査に用いる器具(別冊No.1 ①~④)を別に示す。
Weber〈ウェーバー〉試験に用いるのはどれか。
問34の画像
1
問 35
患者と看護師が面談をする際、両者の信頼関係を構築するための看護師の行動で最も適切なのはどれか。
  1. 患者の正面に座る。
  2. メモを取ることに集中する。
  3. 患者と視線の高さを合わせる。
  4. 事前に用意した文章を読み上げる。
3
問 36
成人に経鼻経管栄養法を行う際の胃管を挿入する方法で適切なのはどれか。
  1. 体位は仰臥位とする。
  2. 管が咽頭に達したら頸部を後屈する。
  3. 咳嗽が生じた場合は直ちに抜去する。
  4. 嚥下運動よりも速い速度で挿入する。
3
問 37
ボディメカニクスを活用して、看護師が患者を仰臥位から側臥位に体位変換する方法で正しいのはどれか。
  1. 患者の支持基底面を狭くする。
  2. 患者の重心を看護師から離す。
  3. 患者の膝を伸展したままにする。
  4. 患者の体幹を肩から回転させる。
1
問 38
入浴の際に血圧が低下しやすい状況はどれか。
  1. 浴槽に入る前に湯を身体にかけたとき
  2. 浴槽の湯に肩まで浸かったとき
  3. 浴槽から出たとき
  4. 浴室から脱衣所に移動したとき
3
問 39
輸血後、数日から数週間経過してから出現する副作用(有害事象)はどれか。
  1. 溶血性反応
  2. 末梢血管収縮反応
  3. アナフィラキシー反応
  4. 輸血後移植片対宿主病〈PT-GVHD〉
4
問 40
上部消化管内視鏡検査について適切なのはどれか。
  1. 2時間前から絶飲食とする。
  2. 前投薬には筋弛緩薬を用いる。
  3. 体位は左側臥位とする。
  4. 終了直後から飲食は可能である。
3
問 41
全身麻酔下で食道再建術を受ける患者への術前オリエンテーションで適切なのはどれか。
  1. 「口から息を吸って鼻から吐く練習をしてください」
  2. 「手術の直前に下剤を飲んでもらいます」
  3. 「手術中はコンタクトレンズをつけたままで良いです」
  4. 「麻酔の際は喉に呼吸用の管を入れます」
4
問 42
生活習慣が発症に関連している疾患はどれか。
  1. 肺気腫
  2. 1型糖尿病
  3. 肥大型心筋症
  4. 重症筋無力症
1
問 43
難病の患者に対する医療等に関する法律〈難病法〉に基づく医療費助成の対象となる疾患はどれか。
  1. 中皮腫
  2. C型肝炎
  3. 慢性腎不全
  4. 再生不良性貧血
4
問 44
慢性疾患の患者に対する自己管理の支援で最も適切なのはどれか。
  1. 患者自身の失敗体験をもとに指導する。
  2. 病気に関する広範囲な知識を提供する。
  3. 症状に慣れる方法を身につけるように促す。
  4. 自分の身体徴候を把握するように指導する。
4
問 45
Aさん(56 歳、男性)は、化学療法後の血液検査にて好中球数300/mm3であった。
Aさんの状態で正しいのはどれか。
  1. 入浴を控える必要がある。
  2. 日和見感染症のリスクが高い。
  3. 口腔ケアには歯間ブラシを用いる必要がある。
  4. 化学療法の開始前と比べリンパ球数は増加している。
2
問 46
A さん(35 歳、男性)。身長175cm、体重74kgである。1か月前から腰痛と右下肢のしびれが続くため受診した。腰椎椎間板ヘルニアと診断され、保存的療法で経過をみることになった。
A さんへの生活指導として適切なのはどれか。
  1. 「体重を減らしましょう」
  2. 「痛いときは冷罨法が効果的です」
  3. 「前かがみの姿勢を控えましょう」
  4. 「腰の下に枕を入れて寝ると良いですよ」
3
問 47
老年期の心理社会的葛藤を「統合」対「絶望」と表現した人物はどれか。
  1. ペック, R. C.
  2. バトラー, R. N.
  3. エリクソン, E. H.
  4. ハヴィガースト, R. J.
3
問 48
平成26年(2014年)の国民生活基礎調査における65歳以上の高齢者がいる世帯について正しいのはどれか。
  1. 単独世帯は1割である。
  2. 三世代世帯は3割である。
  3. 夫婦のみの世帯は4割である。
  4. 親と未婚の子のみの世帯は2割である。
4
問 49
Aさん(66歳、男性)は、Lewy〈レビー〉小体型認知症であるが、日常生活動作〈ADL〉は自立している。介護老人保健施設の短期入所〈ショートステイ〉を初めて利用することとなった。施設の看護師は、同居している家族から「以前、入院したときに、ご飯にかかっているゴマを虫だと言って騒いだことがあったが、自宅ではそのような様子はみられない」と聞いた。
入所当日の夜間の対応で適切なのはどれか。
  1. 虫はいないと説明する。
  2. 部屋の照明をつけたままにする。
  3. 細かい模様のある物は片付ける。
  4. 窓のカーテンは開けたままにする。
3
問 50
Aさん(70歳、女性)。夫(72歳)と2人暮らし。慢性腎不全のため腹膜透析を行うことになった。認知機能や身体機能の障害はない。腹膜透析について説明を受けた後、Aさんは「私のように高齢でも自分で腹膜透析をできるのか心配です。毎日続けられるでしょうか」と話した。
Aさんへの対応で最も適切なのはどれか。
  1. 「誰でも簡単にできます」
  2. 「ご家族に操作をしてもらいましょう」
  3. 「訪問看護師に毎日見守ってもらいましょう」
  4. 「同年代で腹膜透析をしている人の体験を聞いてみましょう」
4
問 51
Aさん(80歳、女性)。大腿骨頸部骨折のため人工骨頭置換術を受けた。手術後14日、Aさんの経過は順調で歩行訓練を行っている。歩行による疼痛の訴えはない。
現在のAさんの状態で最も注意すべきなのはどれか。
  1. せん妄
  2. 創部感染
  3. 股関節脱臼
  4. 深部静脈血栓症
3
問 52
胎生期から小児期の血清免疫グロブリン濃度の年齢による変動を図に示す。
問52の画像
①が示しているのはどれか。
  1. IgA
  2. IgD
  3. IgG
  4. IgM
1
問 53
Aちゃん(生後4か月、女児)は、嘔吐とけいれんのため病院を受診した。受診時、Aちゃんは傾眠状態で、顔色不良と眼球上転がみられたため入院となった。受診時の体温は36.8℃であった。四肢は硬直し、数か所の内出血斑があった。大泉門は平坦であったが、次第に膨隆を認めるようになった。このときの頭部CT(別冊No.2)を別に示す。
Aちゃんの所見として考えられるのはどれか。
問53の画像
  1. 急性脳症
  2. てんかん
  3. 硬膜下血腫
  4. 細菌性髄膜炎
3
問 54
性同一性障害〈GID〉/性別違和〈GD〉について正しいのはどれか。
  1. 出現するのは成人期以降である。
  2. ホルモン療法の対象にはならない。
  3. 生物学的性と性の自己認識とが一致しない。
  4. 生物学的性と同一の性への恋愛感情をもつことである。
3
問 55
ルービン, R. による母親役割獲得過程におけるロールプレイはどれか。
  1. 友人の出産体験を聞く。
  2. 人形で沐浴の練習をする。
  3. 購入する育児用品を考える。
  4. 看護師が行う児の抱き方を見る。
2
問 56
産科外来を初めて受診した妊婦。夫婦ともに外国籍で、日本の在留資格を取得している。
この妊婦への説明で正しいのはどれか。
  1. 「母子健康手帳は有料で入手できます」
  2. 「妊婦健康診査は公費の助成を受けられます」
  3. 「出生届は外務省に提出します」
  4. 「生まれた子どもは出生時に日本国籍を取得できます」
2
問 57
大震災の2日後、避難所にいる成人への心理的援助で適切なのはどれか。
  1. 宗教の多様性への配慮は後で行う。
  2. 会話が途切れないように話しかける。
  3. 確証がなくても安全であると保証する。
  4. ストレス反応に関する情報提供を行う。
4
問 58
修正型電気けいれん療法について正しいのはどれか。
  1. 保護室で行う。
  2. 全身麻酔下で行う。
  3. 強直間代発作が生じる。
  4. 発生頻度の高い合併症は骨折である。
2
問 59
自殺念慮を訴える患者で、自殺が最も切迫している状態はどれか。
  1. 自殺の手段が未定である。
  2. 自殺する日を決めている。
  3. 将来の希望について時々話す。
  4. 普段と変わらない様子で生活している。
2
問 60
養護者による虐待を受けたと思われる高齢者を発見した者が、高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律〈高齢者虐待防止法〉に基づき通報する先として正しいのはどれか。
  1. 市町村
  2. 警察署
  3. 消防署
  4. 訪問看護事業所
1
先頭へ戻る