ホーム国家試験看護師93回午後問題[1 - 30問]

第93回 看護師国家試験 - 午後問題[1 - 30問]

≪ 前へ1 / 3 ページを表示
  • 問1
    能動免疫はどれか。
  • γ-グロブリンの与薬
  • 母乳を介した抗体の移行
  • ワクチンの接種
  • 抗血清の与薬
  • 問2
    母児血液型Rh不適合による溶血で正しいのはどれか。
  • 遅延型過敏反応である。
  • 児の自己抗体が溶血を起こす。
  • 治療として血漿交換を行う。
  • 父親がRh(+)のときに起こる。
  • 問3
    心音で正しいのはどれか。
  • Ⅰ音は心室が拡張し始めるときに生じる。
  • Ⅰ音は僧帽弁と三尖弁とが開く音である。
  • Ⅱ音は心室が収縮し始めるときに生じる。
  • Ⅱ音は大動脈弁と肺動脈弁とが閉じる音である。
  • 問4
    左片麻痺のある脳梗塞患者で閉塞が最も疑われる動脈はどれか。

  • 問5
    運動神経の神経伝達物質はどれか。
  • ヒスタミン
  • セロトニン
  • アセチルコリン
  • アドレナリン
  • 問6
    中枢神経系を保護する組織で正しいのはどれか。
  • 髄膜は外側から硬膜、軟膜、くも膜である。
  • 軟膜下は脳脊髄液で満たされている。
  • 脳脊髄液は脳室の脈絡叢から分泌される。
  • 脳脊髄液はリンパ管に吸収される。
  • 問7
    瞳孔が縮小するのはどれか。
  • 睫毛反射
  • 輻轃反射
  • 眼瞼反射
  • 角膜反射
  • 問8
    塩辛いものを多く摂取したときに分泌活動が亢進する内分泌器官はどれか。

  • 問9
    骨格筋収縮のメカニズムで正しいのはどれか。
  • カルシウムイオンが必要である。
  • 筋収縮の直接のエネルギー源はADPである。
  • 筋収縮時にミオシンフィラメントの長さは短縮する。
  • 筋収縮の結果グリコゲンが蓄積される。
  • 問10
    股関節を屈曲させる筋肉はどれか。
  • 腸腰筋
  • 大殿筋
  • 大腿四頭筋
  • 腹直筋
  • 問11
    動脈血中の酸素で正しいのはどれか。
  • 多くはそのままの形で血漿中に溶解している。
  • 貧血では酸素含量は低下する。
  • 酸素飽和度85%は正常範囲内である。
  • 橈骨動脈の酸素分圧は大腿動脈に比べ高い。
  • 問12
    呼吸数を増加させるのはどれか。
  • 脳圧亢進
  • 体温上昇
  • 動脈血pHの上昇
  • 動脈血酸素分圧(PaO2)の上昇
  • 問13
    尿細管で再吸収されないのはどれか。
  • ブドウ糖
  • ナトリウムイオン
  • クレアチニン
  • 問14
    次の文の(   )内に共通して入る用語で適切なのはどれか。
     発生初期に腹腔で生じた(   )は、胎生後期に腹膜に沿って陰脳内に下降する。下降が完了せず、腹腔内や鼠径部に留まることがある。これを停留(   )という。
  • 前立腺
  • 精巣上体
  • 精索
  • 精巣
  • 問15
    悪性腫瘍の細胞と組織の特徴はどれか。
  • 核/細胞質比が小さい。
  • 核分裂像が少ない。
  • 分化度が低い。
  • 異型性が少ない。
  • 問16
    免疫力が低下し感染症に罹患しやすくなるのはどれか。
  • 甲状腺機能低下症
  • 原発性アルドステロン症
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • 問17
    輸血による循環器系の過負荷の予防で正しいのはどれか。
  • 衰弱している患者には全血輸血を行う。
  • 血圧と脈拍とを頻繁に測定しながら行う。
  • 心不全患者では中心静脈圧を測定しながら行う。
  • 副腎皮質ステロイドを予防的に用いる。
1. a、b2. a、d3. b、c4. c、d
  • 問18
    我が国で血友病患者にHIV感染症/AIDSが多発した理由で誤っているのはどれか。
  • 加熱処理された凝固因子製剤の導入の遅れ
  • 輸入血漿に由来する凝固因子製剤の使用
  • プール血漿からの凝固因子製剤の製造
  • 血友病のHIVに対する高感受性
  • 問19
    視神経交叉部の下垂体腫瘍による圧迫で生じる視野欠損はどれか。
  • 右眼が全く見えない。
  • 両眼ともに耳側が見えない。
  • 左眼の鼻側が見えない。
  • 左眼の鼻側と右眼の耳側が見えない。
  • 問20
    副作用として難聴をきたす可能性があるのはどれか。
  • マイトマイシン
  • リファンピシン
  • ストレプトマイシン
  • アムホテリシンB
  • 問21
    慢性閉塞性肺疾患における在宅酸素療法の目的で誤っているのはどれか。
  • 運動耐容能の改善
  • 肺性心の進行予防
  • CO2ナルコーシスの予防
  • 精神状態の安定
  • 問22
    単純性イレウスで正しいのはどれか。
  • 原因は小腸腫瘍が最も多い。
  • 空腸閉塞は大腸閉塞に比べ腹部膨満は軽度である。
  • 腹部聴診で腸蠕動音はほとんど聴取されない。
  • 治療は手術が第一選択である。
  • 問23
    欠乏時皮膚の障害が生じないのはどれか。
  • 葉酸
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • 亜鉛
  • 問24
    水腎症を生じないのはどれか。
  • ループス腎炎
  • 前立腺癌
  • 膀胱尿管逆流
  • 神経因性膀胱
  • 問25
    22歳の女性。食欲があるにもかかわらず3か月で4kgの体重減少があり、頻脈、発汗、振戦がった。
    最も考えられるのはどれか。
  • 一過性脳虚血発作
  • 過換気症候群
  • 大動脈炎
  • 甲状腺機能亢進症
  • 問26
    糖尿病で抑制されるのはどれか。
  • 末梢組織でのブドウ糖利用
  • 尿中への水分喪失
  • 肝臓でのグリコゲン分解
  • 脂肪組織での脂肪分解
  • 問27
    上腕骨顆上骨折の早期合併症で注意が必要なのはどれか。
  • 腕神経叢麻痺
  • フォルクマン拘縮
  • 偽関節
  • 肺動脈血栓症
  • 問28
    子宮内膜症の症状で考えにくいのはどれか。
  • 月経痛
  • 過多月経
  • 不妊
  • 帯下の増加
  • 問29
    保健施策とその特徴との組合せで誤っているのはどれか。
1.
新エンゼルプラン
子どもの心の安らかな発達の推進
2.
健やか親子21
思春期の健康対策の強化
3.
健康日本21
健康寿命の延長
4.
障害者プラン
社会的自立の促進
  • 問30
    我が国の保健医療福祉活動で正しいのはどれか。
  • 憲法による生存権の保障が基本理念である。
  • ノーマライゼーションは疫学的対策である。
  • 医療費の財源のうち国庫負担が最も多い。
  • 保健医療福祉行政は全国均一で行われる。
≪ 前へ1 / 3 ページを表示