ホーム国家試験看護師98回午後問題[1 - 30問]

第98回 看護師国家試験 - 午後問題[1 - 30問]

≪ 前へ1 / 4 ページを表示
  • 問1
    脂質1gが体内で代謝されたときに生じるエネルギー量はどれか。
  • 4kcal
  • 9kcal
  • 14kcal
  • 19kcal
  • 問2
    国民健康保険一般被保険者本人の自己負担割合はどれか。
  • 1割
  • 2割
  • 3割
  • 4割
  • 問3
    保健師助産師看護師法で規定されている看護師の義務はどれか。
  • 看護研究
  • 秘密の保持
  • 記録の保存
  • 関係機関との連携
  • 問4
    低出生体重児の基準はどれか。
  • 3,000g未満
  • 2,750g未満
  • 2,500g未満
  • 2,250g未満
  • 問5
    老年期の身体機能変化で正しいのはどれか。
  • 視野は拡大する。
  • 唾液量は増加する。
  • 皮膚感覚は低下する。
  • 聴力は低音域から低下する。
  • 問6
    最終月経の初日を0日とすると分娩予定日は何日目か。
  • 260
  • 280
  • 300
  • 320
  • 問7
    チアノーゼを最も観察しやすいのはどれか。
  • 口唇
  • 耳介
  • 頭皮
  • 眼球
  • 問8
    成人の乏尿の基準はどれか。
  • 100mL/日以下
  • 200mL/日以下
  • 300mL/日以下
  • 400mL/日以下
  • 問9
    日和見感染症はどれか。
  • 麻疹
  • インフルエンザ
  • マイコプラズマ肺炎
  • ニューモシスチス肺炎
  • 問10
    インスリン自己注射の投与経路はどれか。
  • 皮内
  • 皮下
  • 筋肉内
  • 静脈内
  • 問11
    体温測定部位で外部環境に最も影響されにくいのはどれか。
  • 直腸
  • 口腔
  • 腋窩
  • 頸部皮膚
  • 問12
    成人女性に導尿を行う際のカテーテル挿入の長さはどれか。
  • 1~3cm
  • 4~6cm
  • 7~10cm
  • 11~14cm
  • 問13
    スタンダードプリコーションで感染源とされるのはどれか。
  • 頭髪
  • 血液
  • 傷のない皮膚
  • 問14
    服薬の指示で食間はどれか。
  • 食事中
  • 食後30分
  • 食前30分
  • 食後120分
  • 問15
    AEDの機能はどれか。
  • 止血
  • 除細動
  • 気道確保
  • 静脈確保
  • 問16
    漿膜はどれか。
  • 腹膜
  • 結膜
  • 髄膜
  • 滑膜
解答: 1
科目: 人体の構造と機能
基準: 平成15年版人体の構造と機能1-E-b
  • 問17
    抗原がIgEと結合するのはどれか。
  • 接触皮膚炎
  • 血液型不適合輸血
  • 全身性エリテマトーデス
  • アナフィラキシーショック
解答: 4
科目: 人体の構造と機能
基準: 平成15年版人体の構造と機能3-B-b
  • 問18
    リンパ系で正しいのはどれか。
  • リンパ管には弁がない。
  • 胸管には鎖骨下動脈に注ぐ。
  • 吸収された脂肪の輸送に関与する。
  • リンパの流れは動脈と同方向である。
解答: 3
科目: 人体の構造と機能
基準: 平成15年版人体の構造と機能4-C-a
  • 問19
    交感神経系の緊張で弛緩するのはどれか。
  • 立毛筋
  • 瞳孔散大筋
  • 膀胱括約筋
  • 気管支平滑筋
解答: 4
科目: 人体の構造と機能
基準: 平成15年版人体の構造と機能5-C-d
  • 問20
    各関節の基本肢位を表すのはどれか。
  • 45°
  • 60°
  • 90°
  • 問21
    食欲を促進するのはどれか。
  • 温熱環境
  • 胃壁の伸展
  • レプチンの分泌
  • 血中遊離脂肪酸の上昇
解答: 4
科目: 人体の構造と機能
基準: 平成15年版人体の構造と機能10-A-a
  • 問22
    薬剤とその副作用の組合せで誤っているのはどれか。
1.
ヨード造影剤
アナフィラキシーショック
2.
セフェム系抗菌薬
髄膜炎
3.
副腎皮質ステロイド
消化性潰瘍
4.
アミノグリコシド系抗菌薬
聴神経障害
  • 問23
    疾患と症状の組合せで正しいのはどれか。
1.
帯状疱疹
聴力低下
2.
慢性中耳炎
嗅覚低下
3.
下垂体腫瘍
両耳側半盲
4.
重症筋無力症
味覚障害
  • 問24
    疾患と所見の組合せで正しいのはどれか。
1.
悪性貧血
ビタミンB6低値
2.
ホジキン病
ラングハンス巨細胞
3.
慢性骨髄性白血病
フィラデルフィア染色体
4.
播種性血管内凝固症候群(DIC)
プロトロンビン時間短縮
  • 問25
    腎前性腎不全が起こるのはどれか。
  • 前立腺肥大症
  • 急性心筋梗塞
  • 急性尿細管壊死
  • 急性糸球体腎炎
  • 問26
    胞状奇胎後に発生しやすいのはどれか。
  • 乳癌
  • 絨毛癌
  • 卵巣癌
  • 子宮頸癌
  • 問27
    ソーシャルサポートで道具的(手段的)サポートはどれか。
  • 物資
  • 愛情
  • 情報
  • 肯定
  • 問28
    国民健康保険で正しいのはどれか。
  • 被用者保険である。
  • 保険者は国である。
  • 高額療養費制度がある。
  • 財源は保険料のみである。
  • 問29
    予防接種法で1回のみの接種とされているのはどれか。
  • BCG
  • ポリオ
  • 三種混合(DPT)
  • 麻疹風疹混合(MR)
  • 問30
    平成17年国民健康・栄養調査の結果で正しいのはどれか。
  • 朝食の欠食率は20歳代が最も高い。
  • 1人1日当たりの食塩摂取量は8gである。
  • 運動習慣のある者の割合は40歳代が最も高い。
  • メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が強く疑われる者の割合は30歳代が最も高い。
≪ 前へ1 / 4 ページを表示