平成22年助産師国家試験出題基準 助産管理

目標1.助産業務の管理および助産所の運営の基本に関する理解を問うとともに、助産師業務を評価・調整する基礎的な知識を問う。
大項目中項目小項目
1. 助産業務管理の基本A. 助産業務の概念a. 医療の仕組み
b. 助産業務の定義
c. 法的定義
d. 社会的定義
e. 助産業務の目的・機能
f. 助産師の業務範囲
B. 助産管理の概念a. 管理の定義
b. 助産管理の定義
c. 助産業務管理の特性
d. 組織における助産師の役割と助産管理体制
e. 快適な出産環境
C. 助産業務管理の過程a. 管理目標の策定
b. 業務の分析
c. 業務計画の策定
d. 業務の評価
D. 助産と医療経済a. 医療保険制度
b. 診療報酬
c. 分娩費用
d. 医業経営に関する会計の仕組み
2. 助産師及び助産業務に関連する法規と責任A. 関係法規a. 医療法
b. 保健師助産師看護師法
c. 医師法
d. 母子保健法(養育医療)
e. 母体保護法
f. 児童福祉法
g. 地域保健法
h. 戸籍法
i. 刑法(秘密漏示の禁止、堕胎の禁止、虚偽私文書作成の禁止)
j. 民法
k. 労働関係法律・就業規則
l. 個人情報保護法
m. 生活保護法
n. 薬事法(処方せん医薬品等取り扱い)
o. 障害者自立支援法(育成医療)
B. 助産師の法的義務・規制a. 応召
b. 出生証明書の交付
c. 死産証書および死胎検案書の交付
d. 助産録の記載
e. 届出
f. 秘密の保持
3. 病院・診療所の管理・運営A. 助産業務管理の方法a. 人事の管理
b. 人材の育成
c. 勤務の方式
d. 文書・記録の管理と開示
e. 診療情報提供
f. 他部門・他機関との連携、協調
g. 業務の質の管理
B. 産科棟の管理a. 看護体制
b. 多様な勤務形態
c. 継続的な援助システム
d. 母乳育児
e. オープンシステム
C. 外来の助産管理a. 助産外来
b. 乳房ケア外来
c. 家族計画外来
d. 女性外来
4. 助産所の管理・運営A. 助産所の関係法規a. 助産所の定義
b. 助産所の管理者
c. 助産所の管理者の業務
d. 助産所の構造と設備
e. 助産所の広告
B. 助産所の管理・運営a. 助産所管理の基本
b. 嘱託医との連携
c. 救急時の搬送
d. 環境、設備、備品
e. オープンシステム
C. 助産所経営a. 経営診断
b. 母子における社会保険制度
c. 医療貸付制度
D. 出張所産a. 自宅分娩における助産師の役割
b. 自宅分娩の準備
c. 自宅分娩時の留意事項
5. 助産業務と医療事故A. 周産期における医療事故a. 医療事故の原因
b. 産科領域における医療事故
c. 救急体制
d. 法的責務
e. 医療事故防止
f. 医事紛争・訴訟防止
B. 助産業務における安全対策a. リスクマネジメント
b. 感染予防・管理
c. 障害等の対応と損害賠償保険
d. 産科医療補償制度
C. 災害対策a. 防災・防火訓練
b. 初期対応
c. 防災設備
先頭へ戻る