平成15年看護師国家試験出題基準 基礎看護学

目標1.看護の基本となる概念についての理解を問う。
大項目中項目小項目
1. 看護の基本となる概念A. 看護の本質a. 対象
b. 役割
c. 機能
B. 看護の対象としての人間a. 人間のとらえ方
b. 人間と環境
C. 人間にとっての健康a. 健康のとらえ方
b. 健康に影響を与えるもの
D. 生活と健康a. 生活のリズムと健康とのかかわり
b. 生活習慣と健康とのかかわり
c. 生活の要素と健康とのかかわり(食、排泄、清潔、衣、活動・運動、休息、睡眠、性、学習・遊び、仕事、社会活動)
d. QOL〈クオリティ・オブ・ライフ〉
2. 看護の展開A. 対象者の全体像の把握a. 情報の収集と分析
b. 問題の明確化
B. 目標設定a. 優先順位の決定
b. 患者との目標の共有
c. 目標とその達成時期の設定
C. 計画a. 行動計画の立案
D. 期待される結果の明確化
E. 実施a. 手段の選択
b. 対象者への説明と了解
c. 看護の実施と対象者の反応の確認
F. 評価a. 目標達成の評価
b. 看護過程展開の評価
c. 再計画
目標2.基本的看護技術についての理解を問う。
大項目中項目小項目
3. 共通基本技術A. 人間関係を成立し発展させるための技術a. コミュニケーション技術
b. カウンセリング技術
c. グループワーク、グループダイナミクス
B. 人間の成長を促すための技術a. 教育
b. 相談・指導
C. 安全を守るための技術a. 感染コントロール(無菌操作、手洗い、感染症の取り扱い、針刺し事故防止)
D. 事故防止a. 安全管理対策(システム、機器点検)
b. 誤与薬・誤認の防止、転倒・転落の防止、人工呼吸器管理
E. 効率的で安楽な動きをつくりだす技術a. ボディメカニクス
b. 安楽な姿勢
F. 観察技術a. 身体面のアセスメント(体温、脈拍、血圧、呼吸、意識、身体計測)
b. 精神面のアセスメント(不安、恐怖)
G. 記録・報告a. 記録・報告の目的
b. 記録の種類(POS、フォーカスチャーティングを含む)
c. 記録・報告の条件(情報開示を含む)
4. 基本的日常生活援助技術A. 環境を整える技術a. 環境の調整(温度、湿度、照度、騒音、換気、採光、臭気、プライバシーの保護)
b. 病床の整備
B. 食生活の援助技術a. 健康な食生活
b. 栄養状態の評価
c. 摂食行動のアセスメントと援助方法
d. 病人の食事
e. 経管栄養法
f. 経静脈栄養法
C. 排泄の援助技術a. 排泄行動のアセスメントと援助方法
b. 排泄物の観察
c. 自然な排泄を促す援助方法
d. 床上排泄の援助方法
e. 浣腸
f. 導尿
D. 身体の清潔の援助方法a. 清潔行動のアセスメントと援助方法
b. 身体各部の清潔の援助方法(清拭、洗髪、足浴、入浴、口腔内清潔、陰部洗浄)
c. 褥瘡の予防、処置
E. 衣生活の援助技術a. 衣生活を調整する能力のアセスメントと援助方法
b. 病衣の選択
c. 寝衣の交換
F. 活動・運動の援助技術a. 活動・運動の能力のアセスメントと援助方法
b. 体位変換
c. 床上移動
d. 車椅子への移動・移送
e. 輸送車への移動・移送
f. レクリエーション
G. 休息・睡眠の援助技術a. 休息・睡眠状態のアセスメントと援助方法
b. 安楽な休息・睡眠を促す援助方法
c. 睡眠障害とその援助方法
5. 診療に伴う技術A. 診療・検査a. 診察・検査時の看護師の役割
b. 対象者の心理
c. 検査時の看護(尿・便・喀痰・血液の採取および検査、腰椎穿刺検査、X線検査、CT検査、内視鏡検査、心電図検査、超音波検査、核医学検査、基礎代謝検査、呼吸機能検査)
B. 治療・処置a. 治療・処置時の看護師の役割と責任
b. 治療・処置時の対象者の理解
c. 穿刺(胸腔、腹腔、骨髄)
d. 洗浄(胃、膀胱)
e. 吸引(口腔、鼻腔、気管、胸腔)
f. 酸素吸入
g. 包帯法と創傷の管理
C. 薬剤についての知識と取り扱いa. 薬剤の作用・投与量・投与法(薬物治療に伴って生じる生活への影響を含む)
b. 薬剤の取り扱い
c. 与薬法(経口、注射〔静脈注射を含む〕、塗布、点眼、点鼻、吸入、経直腸)
d. 副作用とその徴候、禁忌
D. 生命の危機にかかわる技術a. 生命徴候のアセスメントと援助方法
b. 呼吸を楽にする姿勢・呼吸法
c. 循環管理
d. 保温
e. 罨法
f. 心配蘇生法(気道確保、人工呼吸、心マッサージ)
g. 止血法
E. 災害看護a. トリアージ
目標3.保健・医療・福祉のなかで看護の果たす役割についての理解を問う。
大項目中項目小項目
6. 看護の役割と機能を支えるしくみA. 看護活動の場a. 地域における看護活動
b. 医療施設における看護活動
c. 保健福祉施設における看護活動
B. 継続看護a. 施設内から在宅への継続
b. 退院計画および退院指導
c. 経時的変化に対する継続看護
C. 保健医療福祉の連携a. 他職種の役割
b. 他職種との連携
D. 看護管理a. 看護提供システム(チームナーシング、プライマリナーシング、機能別看護)
b. クリティカルパス
c. リーダーシップとメンバーシップ
d. 事故管理・防止システム
E. 専門職能団体の活動a. 専門職集団としての役割と機能
F. 看護行政a. 看護職員の確保
b. 看護職員の資質の向上
c. 看護実践の質の向上
G. 国際協力a. 国際交流
b. 国際機関への協力
先頭へ戻る