平成15年看護師国家試験出題基準 人体の構造と機能

目標1.日常生活を営むうえで、人体がどのような構造をもち機能しているかについての理解を問う。
目標2.疾病によって人体が受ける構造と機能の変化を学習する土台となる正常な人体についての理解を問う。
大項目中項目小項目
1. 生命A. 細胞a. 細胞の構造
b. 遺伝情報
B. エネルギー代謝a. 同化作用と異化作用
b. 酵素
C. 内部環境の恒常性a. 体液
b. 体液の電解質
c. 体液の酸塩基平衡
d. 体温
D. 生体のリズムa. 睡眠と覚醒
E. 人体をおおう皮膚と膜a. 皮膚の構造と機能
b. 漿膜・粘膜
2. 血液A. 血液の成分と機能a. 血液のはたらき
b. 血液の物理化学的特性
c. 血液の成分
d. 造血
B. 止血機構a. 凝固と線溶
C. 血液型a. ABO型およびRh式
3. 生体の防御機構A. 非特異的生体防御機構a. 生体表面での防御機構
b. 食細胞とサイトカイン
c. 胸腺・膵臓・リンパ節
B. 特異的生体防御反応(免疫系)a. 免疫系の細胞
b. 抗原
c. 液性免疫
d. 細胞性免疫
4. 循環系A. 心臓a. 心臓と心筋の構造
b. 心臓の機能
c. 刺激伝道系
B. 血管系a. 肺循環と体循環
b. 動脈系と静脈系
c. 脈拍
d. 血圧
e. 胎児の血液循環
C. リンパ系a. リンパ管
5. 神経性調節A. 神経組織a. 神経細胞と情報伝達
b. 神経膠細胞
B. 中枢神経系の構造と機能a. 大脳
b. 間脳
c. 脳幹
d. 小脳
e. 脊髄
f. 中枢神経系を保護する組織
C. 末梢神経系a. 脳神経
b. 脊髄神経と神経叢
c. 体性神経系
d. 自律神経系
6. 感覚と認識A. 視覚a. 目の構造
b. 視覚の伝導路と認識
c. 眼球運動
d. 眼球に関する反射
B. 聴覚と平衡覚a. 耳の構造
b. 平衡覚
c. 聴覚
C. 嗅覚と味覚a. 嗅覚受容器の構造と嗅覚
b. 味覚受容器の構造と味覚
D. 皮膚感覚a. 皮膚の感覚受容器
b. 皮膚感覚の種類
E. 内部情報の処理a. 内部情報の受容体と認識
7. 液性調節(内分泌系)A. ホルモンの種類a. ホルモンの化学的性質と作用機序
B. ホルモン分泌の調節a. 調節ホルモン・拮抗ホルモン
b. フィードバック機構
C. 内分泌器官の構造とホルモンの機能a. 視床下部
b. 下垂体
c. 甲状腺
d. 上皮小体(副甲状腺)
e. 膵島
f. 中枢神経系を保護する組織
g. 副腎髄質
h. 消化管ホルモン
i. 腎臓のホルモン
j. 性腺ホルモン
8. 運動系A. 姿勢a. 体位と構え
B. 骨格a. 骨の構造と機能
b. 体の支柱
c. 四肢の骨
d. 頭蓋骨と胸郭
C. 骨格筋a. 骨格筋の構造
b. 筋収縮の機構
c. 抗重力筋
d. 四肢の筋
e. 頸部の筋
f. 表情筋
g. 呼吸筋
h. 骨盤底筋
D. 運動a. 関節の構造
b. 関節運動の種類
c. 随意運動と不随意運動
d. 脊髄反射
9. 呼吸の機構A. 換気と発生a. 鼻腔の構造と機能
b. 咽頭・喉頭の構造と機能
c. 気管・肺の構造と機能
d. 呼吸運動
e. 肺気量
f. 声帯と発生
B. ガス交換a. 外呼吸と内呼吸
b. ガス分圧
C. ガスの運搬a. 酸素の運搬
b. 二酸化炭素の運搬
D. 呼吸調節a. 呼吸中枢
b. 呼吸に影響を与える因子
10. 栄養摂取の機構A. 食欲a. 血糖と食欲の中枢
B. 咀嚼a. 歯・口腔の構造と機能
b. 咀嚼の過程
C. 嚥下a. 咽頭の構造と機能
b. 食道の構造と機能
c. 嚥下の過程
D. 消化と吸収a. 胃の構造と機能
b. 十二指腸の構造と機能
c. 空腸・回腸の構造と機能
d. 結腸の構造と機能
e. 肝臓と胆道の構造と機能
f. 膵臓の構造と機能
E. 代謝a. 栄養所要量
b. 基礎代謝
c. 炭水化物の代謝
d. 脂肪の代謝
e. タンパク質の代謝
f. 核酸の代謝
g. ビタミン・ミネラル
11. 排泄の機構A. 尿の生成a. 腎臓の構造
b. 濾過
c. 再吸収
d. 分泌
B. 細胞外液の調節a. 抗利尿ホルモンの作用
b. レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系
C. 排尿a. 膀胱の構造と神経支配
b. 尿道の構造と神経支配
D. 排便a. 直腸・肛門の構造と神経支配
12. 性と生殖に関する機構A. 女性の生殖系a. 女性生殖器の構造
b. 性周期
c. 妊娠・分娩・産褥
B. 男性の生殖系a. 男性生殖器の構造
b. 精子の形成
先頭へ戻る