平成22年看護師国家試験出題基準 必修問題

目標1.看護の社会的側面および倫理的側面に関する基礎的知識を問う。
大項目中項目小項目
1. 健康に関する指標A. 健康に関する指標a. 総人口
b. 年齢別人口
c. 労働人口
d. 将来推計人口
e. 世帯数
f. 婚姻・家族形態
B. 人口動態a. 出生の動向
b. 死亡の動向
c. 死因の概要
C. 健康状態と受療状況a. 平均余命
b. 有訴者の状況
c. 有病率・罹患率
d. 受療行動・受療率
e. 入院期間
f. 外来受診状況
2. 健康と生活A. 生活行動・習慣a. 食事・栄養
b. 睡眠
c. 運動
d. 飲酒
e. 喫煙
f. ストレス
g. メンタルヘルス
h. ライフスタイル
i. 性行動
B. 労働a. 職業と疾患
b. 労働環境
c. 雇用形態
d. 母性保護と両立支援
C. 生活環境a. 水・空気・土壌
b. 食品衛生
c. 住環境・社会環境
3. 保健医療制度の基本A. 医療保険制度a. 医療保険の種類
b. 国民皆保険
c. 国民医療費
d. 高齢者医療制度
e. 給付の内容
B. 介護保険制度a. 保険者
b. 被保険者
c. 給付の内容
d. 要介護認定
4. 看護の倫理A. 基本的人権の擁護a. 個人の尊厳
b. 患者の権利
c. 自己決定権と患者の意思
d. インフォームドコンセント
e. ノーマライゼーション
f. 情報管理(個人情報の保護)
B. 看護倫理a. 看護職員の役割
b. 看護の倫理綱領
c. 倫理的葛藤と倫理調整
5. 関係法規A. 保健師助産師看護師法a. 保健師助産師看護師の業務
b. 看護師に禁止されている業務
c. 守秘義務
d. 業務従事者届
B. 看護師等の人材確保の促進に関する法律a. 基本方針
b. 養成制度
c. 就業状況
目標2.看護の対象者および看護活動の場に関する基礎的知識を問う。
大項目中項目小項目
6. 人間の特性A. 人間と欲求a. 基本的欲求
b. 社会的欲求
B. 患者の特性a. QOL
b. 患者ニーズ
c. 健康に関する意識
d. 疾病に対する意識
e. 疾病・障害の受容過程
7. 人間の成長と発達A. 胎児期a. 形態的発達
b. 先天性異常
c. 胎児期の異常
B. 新生児期・乳児期a. 発達の原則
b. 身体の発育
c. 運動能力の発達
d. 栄養
e. 親子関係
f. 先天免疫と獲得免疫
C. 幼児期a. 身体の発育
b. 運動能力の発達
c. 排泄の自立
d. 言語発達
e. 社会性の発達
f. 基本的生活習慣の確立
D. 学童期a. 運動能力・体力の特徴
b. 社会性の発達
c. 学習に基づく行動
E. 思春期a. 二次性徴
b. アイデンティティの確立
c. 親からの自立
d. 異性への関心
F. 成人期a. 社会的責任と役割
b. 生殖機能の成熟と衰退
c. 基礎代謝の変化
G. 老年期a. 運動能力・体力の変化
b. 知覚・感覚の変化
c. 認知能力の変化
d. 心理社会的変化
e. 個別性・多様性
8. 患者と家族A. 家族の機能a. 家族関係
b. 家族構成員
B. 家族形態の変化a. 家族の多様性
b. 構成員の変化
c. 疾病が患者・家族に与える心理社会的影響
9. 主な看護活動展開の場と看護の機能A. 医療提供施設a. 病院
b. 診療所
c. 助産所
d. 介護老人保健施設
B. 保健所・市町村保健センターにおける看護活動a. 保健所の業務
b. 市町村保健センターの業務
C. 地域・在宅での看護a. 在宅看護
b. 訪問看護ステーション
c. 介護保険施設
d. 地域包括支援センター
D. 看護管理a. 看護体制
b. 看護チーム
E. 関連職種との連携a. 関連する職種
b. チーム医療
c. 看護の役割
目標3.看護に必要な人体の構造と機能および健康障害と回復についての基礎的知識を問う。
大項目中項目小項目
10. 生命活動A. 人体の構造と機能a. 恒常性<ホメオスタシス>
b. 血液・水・電解質
c. 体温
d. 感染防御と免疫反応
e. 循環器系
f. 呼吸器系
g. 神経系
h. 消化器系
i. 泌尿器系
j. 代謝・内分泌系
k. 骨・筋系
l. 性と生殖器系
m. 遺伝
B. 正常な妊娠・分娩・産褥a. 妊娠の成立
b. 妊娠の経過
c. 分娩の経過
d. 産褥の経過
C. 人間の死a. 死の三徴候
b. 死亡判定
c. 脳死
d. 死の受容過程
11. 病態と看護A. 症状と看護a. 意識障害
b. ショック
c. 発熱・低体温
d. 脱水
e. 黄疸
f. 頭痛
g. 咳嗽・喀痰
h. 吐血と喀血
i. チアノーゼ
j. 呼吸困難
k. 胸痛
l. 不整脈
m. 腹痛・腹部膨満
n. 嘔気・嘔吐
o. 下痢
p. 便秘
q. 乏尿・無尿・頻尿
r. 浮腫
s. 貧血
t. 睡眠障害
u. 感覚の異常
v. 運動の異常(麻痺・失調)
w. けいれん
12. 主要疾患と看護A. 生活習慣病a. 虚血性心疾患
b. 高血圧症
c. 脳血管疾患
d. 糖尿病
e. 依存症(アルコール・ニコチン・薬物)
f. メタボリックシンドローム
B. がんa. がん対策基本法
b. 予防
c. 診断と告知
d. 治療
e. QOL
f. 緩和ケア
C. 感染症a. インフルエンザ
b. メチシリン耐性黄色ブドウ球菌<MRSA>
c. 腸管出血性大腸菌感染症
d. ウィルス性肝炎
e. 結核
f. ヒト免疫不全ウィルス<HIV>感染症/後天性免疫不全症候群<AIDS>
g. 麻疹・風疹・水痘
h. 感冒<かぜ症候群>
D. 外因性障害a. 熱傷
b. 骨折
c. 創傷の治癒過程
d. 外傷性ショック
e. 熱中症
f. 虐待
E. 精神疾患a. うつ病
b. 統合失調症
c. 神経症性障害
d. 心的外傷後ストレス障害<PTSD>
F. 小児疾患a. 気管支喘息
b. 小児感染症
c. 乳幼児突然死症候群<SIDS>
d. 先天性疾患
G. 高齢者の疾患a. 認知症
b. 骨粗鬆症
13. 薬物治療に伴う反応A. 主な薬物の作用と副作用a. 抗菌薬
b. 坑ウィルス薬
c. 抗がん薬
d. 強心薬・坑不整脈薬
e. 狭心症治療薬
f. 降圧薬・昇圧薬
g. 利尿薬
h. 副腎皮質ステロイド
i. 糖尿病治療薬
j. 中枢神経作用薬
k. 麻薬
l. 消炎鎮痛薬
B. 医薬品の安全対策a. 混合の可否
b. 禁忌
c. 保存方法
d. 薬理効果に影響する要因
e. 誤薬
目標4.看護技術の基本を問う。
大項目中項目小項目
14. 基本技術A. コミュニケーションa. 言語的コミュニケーション
b. 非言語的コミュニケーション
c. 面接技法
B. フィジカルアセスメントa. バイタルサイン(体温・呼吸・脈拍・血圧)の判定と評価
b. 意識レベルの評価
c. 呼吸音聴取の方法と評価
d. 腸蠕動音聴取の方法と評価
e. 運動系の観察と評価:日常生活動作<ADL>・関節可能域<ROM>・徒手筋力測定<MMT>
C. 看護過程a. 情報収集
b. アセスメント
c. 計画立案
d. 実施
e. 評価
D. 看護記録a. 記録形式
15. 日常生活援助技術A. 食事a. 食事の環境
b. 食事介助の方法
c. 誤嚥の予防
B. 排泄a. 床上排泄
b. 導尿
c. 浣腸
d. 摘便
e. 失禁のケア
f. ストーマ造設患者のケア
g. ドレーンの管理
C. 清潔a. 入浴
b. 清拭
c. 口膣ケア
d. 洗髪
e. 部分浴
f. 陰部洗浄
g. 整容
h. 寝衣交換
D. 活動・休息a. 睡眠
b. 移動・移送
c. 廃用症候群の予防
E. ボディメカニクスa. 体位
b. 体位変換の基本
c. 移動介助での基本
16. 患者の安全・安楽を守る技術A. 療養環境a. ベッド
b. 病室環境
c. 共有スペース
d. 移住スペース
B. 医療安全対策a. 転倒・転落の防止
b. 誤薬の防止
c. 患者誤認の防止
d. 誤嚥・窒息の防止
e. 情報伝達と共有・管理
f. リスクマネジメント・セーフティマネジメント
g. インシデントレポート
C. 院内感染防止対策a. スタンダードプリコーション
b. 手洗いの方法
c. 無菌操作
d. 滅菌と消毒の方法
e. 針刺し・切創の防止
f. 感染性廃棄物の取り扱い
17. 診療に伴う看護技術A. 栄養補給a. 経管栄養法
b. 経静脈栄養法
B. 薬物療法a. 与薬方法
b. 薬効・副作用(有害事象)の観察
C. 輸液管理a. 刺入部位の観察
b. 輸液ポンプの取り扱い
c. 点滴静脈内注射の管理
D. 採血a. 穿刺部位
b. 採血方法
E. 罨法a. 罨法の種類と適応
b. 温罨法の方法
c. 冷罨法の方法
F. 呼吸管理a. 酸素吸入時の原則
b. 酸素ボンベの取り扱い
c. 酸素流量計の取り扱い
d. 鼻膣カニューラ
e. 酸素マスク
f. ネブライザー
G. 吸引a. 口膣・鼻膣吸引
b. 気管吸引
c. 体位ドレナージ
H. 救急救命処置a. 気道の確保
b. 人工呼吸
c. 心マッサージ
d. 直流除細動器
e. 自動体外式除細動器<AED>
f. 止血
g. 体温の保持・冷却
I. 皮膚・創傷の管理a. 包帯法
b. 創傷の管理
c. 褥瘡の予防・処置
J. 災害看護a. トリアージ
b. 応急処置の原則
c. 搬送・移送
d. こころのケア
先頭へ戻る