平成26年看護師国家試験出題基準 基礎看護学

目標1.看護の基礎となる概念について基本的な理解を問う。
大項目中項目小項目
1. 看護の基本となる概念A. 看護の本質(概念)a. 看護の定義
b. 役割と機能
c. 職業としての看護
d. 学問としての看護(主要な看護理論)
e. 看護の変遷
B. 看護の対象としての人間a. 全体としての人間
b. 成長発達する存在
c. ライフサイクルと発達課題
d. ニーズをもつ存在
e. 生活者としての存在
f. 適応する存在
g. 社会・文化的存在
C. 人間と健康a. 健康のとらえ方
b. 健康の諸相
c. 健康への影響要因
d. 生活習慣とセルフケア
e. QOL
D. 看護における倫理a. 基本的人権、世界人権宣言、個人の尊厳
b. 医療の倫理原則
c. 患者の権利と擁護
d. 看護職者の倫理綱領
e. 倫理的葛藤と対応
2. 看護の展開A. 援助的関係の形成a. 信頼関係の構築
b. 看護の対象との協働
B. 根拠に基づいた実践a. 根拠に基づいた看護<EBN>の概念
b. クリティカルシンキング
c. 問題解決過程
d. 標準看護計画の活用
C. チームアプローチa. チームカンファレンス
b. 看護の継続性
c. 他職種との連携・協働
目標2.基礎的な看護技術について基本的な理解を問う。
大項目中項目小項目
3. 共通基本技術A. コミュニケーションa. コミュニケーションの構造とプロセス
b. コミュニケーション技法
c. コミュニケーションに障害のある人々への対応
B. 学習支援a. 学習にかかわる諸理論
b. 対象者に合わせた目標設定
c. 対象者に合わせた支援方法と媒体の工夫
d. 個別指導・集団指導の特性と適用
C. 看護過程a. 情報の種類、収集方法と分析・解釈の統合
b. 看護問題の明確化と優先順位決定
c. 看護目標の設定と計画
d. 実施・評価
e. 看護記録の意義、必要性と種類
f. 報告の必要性と方法
g. 医療計画とクリニカルパス
D. フィジカルアセスメントa. 看護におけるフィジカルアセスメントの意義
b. 問診、視診、触診、聴診、打診の基本技術
c. 系統別のアセスメント
E. 感染予防a. 感染の成立と予防
b. 標準予防策と感染経路別予防策
c. 手洗い、消毒、滅菌法、無菌操作
d. 感染性廃棄物の取り扱い
e. 感染拡大の防止の対応
F. 安全管理<セーフティマネジメント>a. 医療安全の概念と安全管理対策
b. 誤薬の起こりやすい状況と対策
c. 転倒・転落の起こりやすい状況と対策
d. チューブ・ライントラブルの起こりやすい状況と対策
e. 針刺し事故の起こりやすい状況と対策
G. 安楽確保a. ケアを通じてもたらされる安楽
b. 安楽な姿勢・体位の特徴
c. ボディメカニクスの原理と看護実践への活用
d. 安楽を保つための医療環境の調整
H. 終末時のケアa. 死の兆候とケア
b. 死亡後のケア
c. 遺族へのかかわり(グリーフケア)
4. 基本的日常生活援助技術A. 環境の調整a. 環境の調整
b. 病床の整備
B. 食事・栄養の援助a. 食事・栄養の意義
b. 健康な食生活と食事摂取基準、治療食・療養食
c. 食事・栄養摂取に影響する要因
d. 食事・栄養状態のアセスメント
e. 食事摂取の自立困難な患者の援助
f. 嚥下障害のある患者の援助
g. 経管栄養法
h. 経静脈栄養法
C. 排泄の援助a. 排泄の意義
b. 排泄に影響する要因
c. 排泄のアセスメント
d. 自然な排便・排尿を促す援助
e. トイレ歩行・ポータブルトイレでの排泄の援助方法
f. 床上での排泄の援助
g. 浣腸・摘便
h. 膀胱留置カテーテルの挿入と管理
i. 尿失禁・便失禁のある患者の援助
D. 活動と休息の援助a. 活動・運動の意義
b. 活動・運動に影響する要因
c. 活動・運動のアセスメント
d. 体位変換
e. 床上運動・活動の援助
f. 歩行時の援助
g. 車椅子への移乗、車椅子での移動・移送
h. ストレッチャーへの移動、ストレッチャーでの移送
i. 療養生活におけるレクリエーション
j. 休息・睡眠の意義
k. 休息・睡眠に影響する要因
l. 休息・睡眠のアセスメント
m. 休息・睡眠を促す援助
E. 清潔・衣生活の援助a. 清潔・衣生活の意義
b. 清潔・衣生活に影響する要因
c. 清潔・衣生活のアセスメント
d. 清潔行動・衣生活の自立度に応じた援助
e. 身体各部の清潔の援助
5. 診療に伴う技術A. 呼吸・循環・体温調整a. 呼吸・循環・体温調整のアセスメント
b. 呼吸を楽にする姿勢・呼吸法
c. 血圧・血流を保持する姿勢
d. 酸素吸入の適応と方法
e. 口腔内・鼻腔内・気管内吸引
f. 胸腔ドレナージの管理
g. 排痰法
h. 温罨法・冷罨法
i. 保温・体温管理
B. 創傷管理a. 創傷の治癒過程
b. 創傷のアセスメント
c. 褥瘡の予防と治癒の促進
d. ドレッシング・包帯法
C. 与薬a. 与薬における看護師の役割
b. 薬物療法の基本
c. 薬剤の種類と取り扱い方法
d. 与薬方法と効果の観察
D. 救命救急処置a. 生命の危機的状況のアセスメント
b. 一次救命処置
c. 止血法
d. 胃洗浄
E. 生体機能のモニタリングa. 診察・検査時の看護師の役割
b. 検体検査(尿、便、喀痰、血液、胸水、腹水、骨髄液)
c. 生体検査
d. 経皮的動脈血酸素飽和度<SpO2>の測定、血糖測定
e. ME機器の取り扱いとモニタリング
目標3.保健・医療・福祉の中で看護の果たす役割について基本的な理解を問う。
大項目中項目小項目
6. 看護の役割と機能を支える仕組みA. 看護の場に応じた活動と専門分化a. 在宅における看護活動
b. 医療施設における看護活動
c. 保健福祉施設における看護活動
d. 看護職の各種資格と活動(認定看護師、専門看護師の活動)
B. 継続看護a. 施設内における継続
b. 施設間における継続
c. 退院調整
C. 保健・医療・福祉の連携a. 保健・医療・福祉のチームにおける看護職の役割・活動
b. 他職種との連携
c. 保健・医療・福祉の連携を支えるしくみ
D. 看護管理a. 看護管理の概念
b. 看護組織と職務
c. 看護業務管理と看護基準
d. 安全管理<セーフティマネジメント>
e. 看護提供システム
f. 継続教育、キャリア開発
g. 看護職員の労働安全衛生
E. 看護制度、看護行政a. 看護制度の変遷
b. 看護教育制度の変遷
c. 看護行政の組織
d. 看護にかかわる診療報酬
e. 看護職員の確保
f. 看護職員の労働環境
先頭へ戻る