平成26年看護師国家試験出題基準 疾病の成り立ちと回復の促進

目標1.健康から疾病を経て回復に至る過程について基本的な理解を問う。
大項目中項目小項目
1. 疾病の成立と疾病からの回復A. 疾病の原因a. 疾病を引きおこす内的・外的要因
b. 疾病を引きおこす生活習慣
B. 生体の回復a. 回復過程
b. 回復に影響する身体・心理・社会的因子
目標2.疾病による身体内部の変化について基本的な理解を問う。
大項目中項目小項目
2. 基本的な病変A. 細胞の障害a. 萎縮
b. 変性
c. 壊死とアポトーシス
B. 細胞の障害に対する修復・再生・適応a. 創傷とその治癒
b. 再生と修復
c. 肥大と過形成
C. 基本的な病変とその機序a. 循環障害
b. 炎症・壊疽
c. 免疫異常(アレルギー、自己免疫疾患)
d. 代謝障害
e. 老年症候群
f. 先天異常(遺伝子異常)
g. 腫瘍
D. 健康状態を脅かす微生物a. 人と微生物のかかわり
b. 微生物の種類と特徴
c. 微生物の感染経路と潜伏期間
d. 感染症
e. 薬剤耐性菌
3. 疾病に対する医療A. 疾病の予防a. 予防接種
B. 疾病の診断a. 健康な状態からの変化を確認する診断過程
b. 全身状態評価のための一般的検査
c. 特殊な検査(放射線、MRI、超音波、内視鏡)
C. 疾病の治療a. 手術療法と適応
b. 麻酔
c. 放射線による治療
d. 輸液療法・輸血
e. リハビリテーション
f. 臓器移植
g. 透析療法
D. 疾病に対する薬物療法a. 与薬
b. 薬物の体内動態、薬理作用、副作用(有害事象)
c. 血糖降下薬
d. 心臓に作用する薬
e. 降圧利尿薬
f. 血液凝固に関係する薬
g. 免疫抑制薬
h. 抗癌薬
i. 抗菌薬・抗ウイルス薬
E. 医療による健康被害a. 薬害
b. ウイルス性肝炎
c. Creutzfeldt-Jakob<クロイツフェルト・ヤコブ>病
d. 院内感染
目標3.疾病の特性について基本的な理解を問う。
大項目中項目小項目
4. 神経機能の障害A. 中枢神経系の疾患a. 脳血管系の循環障害
b. 頭蓋内圧亢進に伴う症状
c. 神経変性(Parkinson<パーキンソン>病、筋萎縮性側索硬化症<ALS>)
d. 脱髄性疾患(多発性硬化症)
e. 認知症(Alzheimer<アルツハイマー>病、血管性認知症、Lewy<レビー小体>型認知症)
f. 中枢神経系の感染症
g. 頭部と脊椎の外傷
h. 脊椎の外傷と脊髄損傷
i. 機能性疾患(てんかん、頭痛)
j. 二次的に意識障害・神経障害を起こす疾患
k. 腫瘍
B. 末梢神経系の疾患a. Guillain-Barré<ギラン・バレー>症候群
b. 糖尿病性神経障害
c. 圧迫性神経障害
C. 感覚機能の障害a. 視覚の障害
b. 聴覚・平衡覚の障害
c. 嗅覚と味覚の障害
d. 皮膚の障害(湿疹、アトピー性皮膚炎、帯状疱疹、疥癬)
5. 呼吸機能の障害A. 気道と肺の疾患a. 気道・肺の炎症
b. 気道の閉塞をきたす疾患(気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患)
c. 肺循環障害(肺梗塞、肺塞栓症)
d. 肺腫瘍(癌、中皮腫)
e. 呼吸不全
f. 気胸
6. 循環機能の障害A. 心臓の疾患a. 先天性心疾患
b. 虚血性心疾患
c. 心筋症
d. 心不全(右心不全、左心不全、心タンポナーデ)
e. 不整脈
f. 心内膜炎と弁膜疾患
B. 血管系の疾患a. 動脈硬化症
b. 高血圧
c. 閉塞性動脈硬化症
d. 大動脈瘤・大動脈解離
e. 静脈瘤・静脈血栓症
7. 造血機能の障害A. 造血器の疾患a. 貧血
b. 出血傾向と凝固・線溶系の異常
c. 白血球減少症
d. 造血器の腫瘍(白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫)
8. 免疫機能の障害A. 膠原病a. 全身性エリテマトーデス<SLE>
b. 関節リウマチ
c. Sjogren<シェーグレン>症候群
B. アレルギー性疾患a. 花粉症<アレルギー性鼻炎>
b. 蕁麻疹
c. 接触皮膚炎
C. 免疫不全a. ヒト免疫不全ウイルス<HIV>感染症
9. 栄養の摂取・吸収・代謝機能の障害A. 栄養バランスの不均衡による疾患a. メタボリックシンドローム
b. 肥満
c. 糖尿病
d. 脂質異常症(高脂血症)
e. 高尿酸血症と痛風
f. 必須栄養素とエネルギーの不足による疾患
g. ビタミン欠乏症
B. 口腔、咽頭と食道の疾患a. 口腔、咽頭と食道の機能障害<咀嚼・嚥下機能障害>
b. 口腔、咽頭と食道の疾患(逆流性食道炎)
c. う歯・歯周病
C. 消化管の疾患a. 消化管の炎症と潰瘍
b. 消化管の腫瘍
c. イレウス
d. 腹壁、腹膜、横隔膜の疾患
D. 肝臓・胆嚢・膵臓の疾患a. 肝臓・胆嚢・膵臓の炎症
b. 肝硬変
c. 肝臓・胆嚢・膵臓の腫瘍
d. 肝不全
e. 胆汁代謝・排泄の障害
10. 排泄機能の障害A. 泌尿器の疾患a. 腎炎・慢性腎臓病
b. 尿路の炎症
c. 腎・尿路の腫瘍
d. 尿路の通過障害
e. 排尿障害
f. 腎不全
B. 排便の障害a. 便秘
b. 下痢
11. 内部環境調節機能の障害A. 内分泌系の疾患a. 下垂体の疾患
b. 甲状腺の疾患
c. 上皮小体<副甲状腺>の疾患
d. 副腎の疾患
e. 多発性内分泌腫瘍
B. 体液の調節障害a. 水と電解質の異常
b. 酸塩基平衡の異常
C. 自律神経系の機能障害a. 自律神経失調に伴う身体変化<不定愁訴>
12. 運動機能の障害A. 骨・関節・筋肉・神経筋接合部の疾患a. 骨折・脱臼・捻挫
b. 骨粗鬆症
c. 骨の腫瘍
d. 変形性関節症
e. 腰痛症(椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症)
f. 筋ジストロフィー
g. 重症筋無力症
B. 活動や行動の制限による疾患a. 廃用症候群
13. 生殖機能の障害A. 性・生殖器の疾患a. 女性生殖器の疾患
b. 乳腺の疾患
c. 男性生殖器の疾患(前立腺腫瘍、精巣腫瘍)
d. 性機能障害
先頭へ戻る