平成15年保健師国家試験出題基準 - 地域看護学Ⅳ

目標1.学校保健・看護、産業保健・看護、在宅ケア・在宅看護、災害看護について、それぞれの理念と目的、制度とシステム、健康課題、看護の展開についての理解を問う。
大項目中項目小項目
1. 学校保健・看護A. 学校保健・看護の理念と目的a. 学校保健・看護の定義
b. 養護教諭の役割・機能
B. 学校保健・看護の歴史と現状a. 学校看護職の誕生、社会背景
b. 戦後の学校保健、養護教諭の活動
c. 学校保健・看護活動の実態
C. 学校保健・看護の制度とシステムa. 学校保健に関する法体系
b. 学校保健組織と人材
c. 保健室の機能、保健室運営
d. 安全管理、危機管理
e. 学校給食
D. 学校保健・看護の対象と健康課題a. 発達段階別健康課題
b. 不登校
c. 障害児
d. いじめ
E. 養護教諭のa. 学校保健計画
b. 健康診断と事後措置
c. 健康教育
d. 感染症の予防・対策
e. 個別援助
F. 学校環境管理a. 環境調整の意義
b. 環境管理
c. 環境教育
d. 地域保健、産業保健との連携
2. 産業保健・看護A. 産後保健・看護の理念と目的a. 産後保健・看護の定義
b. 保健師の役割・機能
B. 産後保健・看護の歴史と現状a. 産後保健・看護の変遷、社会背景
b. 産業保健・看護活動の実態
C. 産業保健・看護の制度とシステムa. 労働安全衛生に関する法体系
b. 産業保健組織と人材
c. 産業保健・看護と社会資源
D. 産業保健・看護における健康課題a. 職業性疾病の種類、予防対策
b. 作業関連疾患の種類、予防対策
c. 職場のメンタルヘルスケア、ストレス対策
d. 職場の安全管理
E. 産業保健・看護の展開a. 保健師の職務
b. 産業保健計画と評価
c. 個別的・集団的・組織的展開方法
d. 地域保健との連携
3. 在宅ケア・在宅看護A. 在宅ケア・在宅看護の理念と目的a. 定義
b. 保健師の役割・機能
B. 在宅ケア・在宅看護の歴史と現状a. 在宅ケア・在宅看護の変遷、社会背景
b. 在宅ケア・在宅看護活動の実態
C. 在宅ケア・在宅看護の制度とシステムa. 関係する法体系
b. 組織と人材
c. 社会資源
D. 在宅ケアのためのマネジメントa. 対象者の疾患管理・増悪防止
b. 介護者への支援
c. 介護の人的資源確保・開発
d. 介護の物的資源確保・開発
e. 在宅ケアのサービス活用・法的根拠
E. 在宅看護管理a. 訪問看護ステーション管理
b. 地域ケアシステムづくり
c. 在宅看護の質評価・管理
4. 災害看護A. 災害の定義と災害看護の目的a. 災害の定義・分類、災害看護の目的
b. 自然災害サイクルと災害医療・看護
B. 災害看護の制度とシステムa. 災害に関する法体系
b. 災害支援の制度とシステム
c. 災害支援に関する社会資源
C. 災害予防対策期と保健師活動a. 避難のための支援必要者・実態把握
b. 災害防止マニュアル、災害訓練
c. 教育普及啓発(住民主体の防災対策への習慣づけ)
d. 装備、救援・支援ネットワーク構築
D. 災害応急対策期と保健師活動a. 初動体制
b. 救護班・避難所での活動
c. トリアージ(定義、原則、プロトコル)
E. 災害復旧・復興対策期と保健師活動a. 避難所・仮設住宅・在宅生活者への活動
b. PTSDへの対応
c. 職員の心身の健康管理
d. ボランティアへの活動支援

保健師国家試験出題基準