平成22年保健師国家試験出題基準 - 疫学・保健統計

目標1.疫学および統計学の概念と方法を理解し、これを地域診断に用い、地域保健・地域看護に役立てる基礎的な理解を問う。
大項目中項目小項目
1. 疫学の概念A. 疫学の定義と分類a. 疫学の目的・対象・方法
b. 疫学と地域保健・地域看護
c. 記述疫学と分析疫学
d. 人・場所・時間
B. 疫学的因果関係a. 危険因子と多要因原因説
b. 相関関係と因果関係
c. 疫学的因果関係の推論
C. 疾病と健康逸脱の定義a. 診断基準
b. 疫学調査での診断の妥当性
2. 疾病頻度の指標A. 比
B. 割合a. 有病率
b. 累積罹患率
c. 累積死亡率
d. 致命率<致死率>
e. 相対頻度
C. 率a. 罹患率
b. 死亡率
3. 曝露効果の指標A. 相対危険a. 罹患率比
b. 死亡率比
c. 累積罹患率比
d. 有病率比
e. オッズ比
f. ハザード比
B. 寄与危険a. 寄与危険
b. 寄与危険割合
c. 人口(集団)寄与危険
d. 人口(集団)寄与危険割合
4. 疫学調査法A. 疫学調査における倫理
B. 調査方法(研究デザイン)a. 生態学的研究
b. 横断研究
c. コホート研究
d. 症例対照研究
e. コホート内症例対照研究
f. 介入研究
C. 妥当性と精度a. 偶然誤差と系統誤差
b. 統計学的推論
D. 偏り(バイアス)a. 選択の偏り
b. 情報の偏り
c. 交絡
E. 交絡の制御方法a. 無作為化(割付)
b. 制限
c. マッチング
d. 層化(標準化)
e. 数学的モデリング(多変量解析)
5. 集団検診の原理と方法A. スクリーニングa. 信頼性と妥当性
b. 敏感度と特異度
c. 陽性反応的中度
B. スクリーニングを行う要件
6. 感染症の疫学A. 感染の基礎概念a. 感染と感染症
b. 顕性感染と不顕性感染
c. 混合感染
d. 再感染と二次感染
e. 日和見感染
f. 無症状病原体保有者と接触者
g. 潜伏期
B. 流行の概念a. 人・場所・時間と流行
b. 長期間での流行の変化
c. パンデミック、アウトブレーク
C. 三大要因と予防対策a. 感染源と感染源対策
b. 感染経路と感染経路対策
c. 感染性者と感染性者対策
D. 感染症・食中毒発生時の疫学調査a. マスターテーブル
E. 感染症の発生動向調査
F. 主な感染症の頻度と分布a. 新興・再興感染症(ヒト免疫不全ウイルス<HIV>感染症/後天性免疫不全症候群<AIDS>、結核を含む)
b. 性感染症<STD>
c. 食中毒
G. 感染症の関係法規a. 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律
b. 予防接種法
c. 検疫法
d. 食品衛生法
e. 学校保健安全法
7. 主な疾患の疫学A. 心血管疾患(高血圧を含む)の疫学a. 頻度と分布
b. 危険因子
c. 一次予防と二次予防、三次予防
B. 脳血管疾患の疫学a. 頻度と分布
b. 危険因子
c. 一次予防と二次予防、三次予防
C. がんの疫学a. 頻度と分布
b. 危険因子
c. 一次予防と二次予防、三次予防
D. 糖尿病の疫学a. 頻度と分布
b. 危険因子
c. 一次予防と二次予防、三次予防
E. 難病の疫学a. 頻度と分布
b. 危険因子
c. 一次予防と二次予防、三次予防
F. 精神疾患の疫学a. 頻度と分布
b. 危険因子
c. 一次予防と二次予防、三次予防
G. 母性関連疾患の疫学a. 頻度と分布
b. 危険因子
c. 一次予防と二次予防、三次予防
H. 小児疾患の疫学a. 頻度と分布
b. 危険因子
c. 一次予防と二次予防、三次予防
I. 事故の疫学a. 頻度と分布
b. 危険因子
c. 一次予防と二次予防、三次予防
J. 環境(労働環境を含む)の疫学a. 頻度と分布
b. 危険因子
c. 一次予防と二次予防、三次予防
8. 統計学の基礎A. 対象集団の選定a. 母集団
b. 標本抽出法
c. 無作為抽出
B. 主な確率分布a. 正規分布
b. 検定・推定に用いる分布
C. 代表値と散布度a. 平均(算術平均)
b. 幾何平均
c. 中央値
d. 最頻値<モード>
e. 分散と標準偏差
f. 四分位数とパーセンタイル値
D. 関係の指標a. 相関
b. 回帰
c. クロス集計と関連の指標
E. 図表による表示方法
F. 推定と検定a. 点推定と区間推定
b. 帰無仮説と統計学的有意性
c. 割合に関する推定と検定
d. 平均に関する推定と検定
e. 相関係数に関する推定と検定
9. 人口統計A. 人口統計の基礎a. 主な健康指標
B. 人口静態統計a. 我が国の人口
b. 年少人口、老年人口
c. 世界の人口
C. 人口動態統計a. 死亡と生命表
b. 出生と人口再生産
c. 死産
d. 婚姻と離婚
10. 保健統計調査A. 業務統計と調査統計
B. 指定統計a. 国勢調査
b. 人口動態統計
c. 国民生活基礎調査
d. 患者調査
e. 医療施設調査
f. 学校保健統計
C. その他の統計調査a. 感染症発生動向調査
b. 食中毒統計
c. 国民健康・栄養調査
d. 身体障害者(児)実態調査
D. 疾病・障害の定義と分類a. 国際疾病分類<ICD>
b. 国際生活機能分類<ICF>
11. 情報処理A. 情報処理の基礎a. コンピュータとソフトウェア
b. ネットワークとインターネット
c. データの電子化
d. 情報セキュリティ
e. データベース
B. レコードリンケージ
C. 文献検索a. 一次情報・二次情報
b. 文献検索方法

保健師国家試験出題基準