平成26年保健師国家試験出題基準 保健医療福祉行政論
目標1.保健医療福祉行政・財政の理念と仕組み、地域の健康課題の解決に必要な社会資源の開発、保健医療福祉サービスの評価及び調整方法について基本的な理解を問う。
目標2.地方公共団体の保健医療福祉行政施策の計画策定、実行、評価のサイクルについて基本的な理解を問う。
目標3.公衆衛生行政の各分野における保健師の役割、地域での活動方法について基本的な理解を問う。
大項目中項目小項目
1. 保健医療福祉行政・財政の理念と仕組みA. 保健医療福祉の行政a. 保健医療福祉行政の概要
b. 国と地方公共団体の行政の仕組み
c. 地方自治と地方分権
d. 情報公開と個人情報保護
e. 行政における保健師の役割と活動
B. 保健医療福祉の財政a. 国と地方公共団体の財政の仕組み
b. 予算の機能と原則
c. 社会保障の給付と財源、国民負担
C. 公衆衛生に関する国際的な活動a. 国際連合と世界保健機関<WHO>の役割
b. 理念の変遷(プライマリヘルスケア、ヘルスプロモーション)
c. 保健医療分野の国際協力
d. 政府開発援助<ODA>
2. 社会情勢の変化と保健医療福祉行政の考え方の変遷A. 公衆衛生政策の基盤形成a. 社会事業としての国の政策
b. 戦後の公衆衛生政策の基盤形成
c. 近年の公衆衛生政策の発展
d. 諸外国における公衆衛生政策の変遷
B. 政策の充実と発展a. 地域保健法の制定と地域保健対策
b. 健康増進法と健康なまちづくり
c. 母子保健医療福祉対策
d. 児童虐待防止対策
e. 発達障害者(児)対策
f. 高齢者保健医療福祉対策
g. 障害者保健医療福祉対策と精神保健医療福祉対策
h. 感染症対策
i. 医療政策の変遷
j. がん対策
k. 自殺対策
l. 難病対策
m. 歯科保健対策
n. 災害時医療対策
3. 保健医療福祉行政の分野と制度A. 社会保障の理念と仕組みa. 社会保障の理念
b. 健康格差と社会保障
B. 公衆衛生行政の分野a. 一般衛生行政
b. 産業保健行政
c. 環境保健行政
d. 学校保健行政
C. 地域保健の体系a. 地域保健法と地方自治
b. 市町村と都道府県の役割分担と体制整備
c. 保健所の役割と機能強化
d. 政令指定都市保健所制度の推進
e. 市町村保健センターの役割
f. 地域内の関係機関の種類と役割
g. 地域・職域連携推進
D. 社会福祉の制度a. 社会福祉の制度
b. 地域福祉権利擁護、成年後見制度
E. 医療提供体制a. 医療法と医療計画、医療従事者と医療提供体制の現状
b. 医療安全対策
c. 医療体制の確保
d. 保険診療制度の仕組み
e. 訪問看護制度
f. 在宅医療、地域連携クリニカルパス
F. 介護保険制度a. 関係法規
b. 都道府県の役割、市町村の役割
c. 居宅サービス
d. 居宅介護支援事業者とケアマネジメント
e. 地域包括支援センター
f. 介護予防、地域支援事業
4. 保健医療福祉の計画と評価A. 地方公共団体の保健医療福祉計画の目的と種類a. 行政計画と基本構想
b. 基本構想と保健医療福祉計画の関連
c. 都道府県計画と市町村計画
B. 地方自治体の計画決定a. 計画決定のプロセス
b. 審議会の役割
c. 情報公開とアカウンタビリティ
d. パブリックコメント
C. 計画の推進と管理・評価a. 政策の計画化と管理および評価の推進体制
b. 地域診断
c. 評価指標と計画目標値、評価指標値の設定
d. 政策評価、経済的評価
先頭へ戻る