平成30年保健師国家試験出題基準 - 公衆衛生看護管理論

目標1.公衆衛生看護管理の目的・構造・機能、専門的自律と人材育成について基本的な理解を問う。
大項目中項目小項目
1. 公衆衛生看護管理の目的と特徴A. 公衆衛生看護管理の目的a. 組織・地域の健康水準の向上
b. 職員や住民の権利の保障
c. 効果的・効率的な公衆衛生看護活動の実践
B. 公衆衛生看護管理の特徴a. 初任期から担う実務的管理機能
b. 職位に付随する管理機能
c. 基盤となる基本的な管理機能
2. 公衆衛生看護管理の構造と機能A. 事例管理の基本a. サービスの質と量の評価
b. サービスの総合調整
c. 関係者との目的の共有や役割分担
B. 業務管理の基本a. 必要量と稼動量(組織・個人)
b. 業務計画の作成・進行管理・評価
c. 業務委託の管理
C. 予算管理の基本a. 予算編成・確保
b. 予算の執行管理、評価
D. 情報管理の基本a. 情報管理に関する法制度(個人情報保護法等)
b. 個人情報の保護
c. ICT<情報通信技術>活用の推進に伴う個人情報保護への対応
d. 看護活動に関する地域情報管理、情報の収集・活用・発信
e. 情報公開、情報開示
E. 人事管理の基本a. ジョブローテーション
b. 労務管理
c. キャリアパス、キャリアラダー
d. ワーク・ライフ・バランス
e. 人事評価
F. 組織運営・管理の基本a. 組織の理念・目標の明確化と共有
b. 組織体制の整備、必要な人員の確保
c. 職務・権限・責任の明確化
d. 組織の意思決定、指揮命令系統、コミュニケーション
e. 他部門との連携・協働、情報の共有
f. リスクマネジメント(組織・個人)、苦情対応
3. 専門的自律と人材育成A. 保健師教育a. 保健師教育制度の変遷
b. 保健師教育課程の現状
B. 継続教育a. 継続教育の目的と方法
b. 人材育成方針・計画の策定(OJT、OFF-JT)
C. 専門的自律a. 保健活動の研究的評価方法の習得
b. 事業の成果および研究的評価の蓄積
c. 研究成果の活用

保健師国家試験出題基準