nurture.jp サイトについて

第109回 看護師国家試験 午前問題(1 - 30問)

次の文を読み91〜93の問いに答えよ。
 Aさん(60歳、男性、元建設業)は、妻(57歳)と2人暮らし。2年前に悪性胸膜中皮腫と診断され、化学療法を受けたが効果がみられず、外来通院していた。2週前から、胸痛、息苦しさ、倦怠感が増強したため、症状コントロール目的で入院した。
バイタルサイン:体温36.0℃、呼吸数24/分、脈拍92/分、血圧126/88mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉86〜90%(room air)。
身体所見:両側下肺野で呼吸音が減弱しており、軽度の副雑音が聴取される。
血液所見:赤血球370万/μL、Hb8.8g/dL、白血球6,700/μL、総蛋白5.2g/dL、アルブミン3.8g/dL、CRP1.5mg/dL。
動脈血液ガス分析(room air):pH7.31、動脈血二酸化炭素分〈PaCO2〉40Torr、動脈血酸素分圧〈PaO2〉63Torr。
胸部エックス線写真:胸膜肥厚と肋骨横隔膜角の鈍化が認められる。肺虚脱なし。
問 91
Aさんの呼吸困難の原因で考えられるのはどれか。2つ選べ。
  1. 胸水
  2. 気胸
  3. 貧血
  4. CO2ナルコーシス
  5. 呼吸性アルカローシス
13
問 92
入院後、症状緩和のためモルヒネの内服と経鼻カニューレによる酸素療法
2L/分が開始された。経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉は95%前後で維持されるようになったが、Aさんは夜間の息苦しさを訴えている。
Aさんの呼吸困難を緩和するための体位で適切なのはどれか。
  1. 半腹臥位
  2. 右側臥位
  3. 左側臥位
  4. セミファウラー位
4
問 93
入院後2週、Aさんの身体状態は急激に悪化し、Aさんは「息が吸えない。苦しい。何とかしてくれ」と訴え、眉間にしわを寄せて口呼吸をしている。軽度の喘鳴がみられ、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉は88〜92%(経鼻カニューレによる酸素療法2L/分)である。また、頻繁に体位を変えて落ち着きがなく、つじつまが合わない訴えと場所の見当識障害もみられる。毎日面会に来ている妻は「どうなってしまったのでしょうか。苦しそうでかわいそう」と涙ぐみ、ベッドから離れたところで座っている。
Aさんの妻への看護師の説明で適切なのはどれか。
  1. 「Aさんが場所を間違っても否定しないで下さい」
  2. 「口腔内吸引をするとAさんの呼吸が楽になります」
  3. 「タッチングをするとAさんの安心感につながります」
  4. 「Aさんの症状が落ち着くまで自宅で待機して下さい」
3
次の文を読み94〜96の問いに答えよ。
 Aさん(56歳、男性、会社員)は、デスクワークが多い仕事をしている。40歳時の会社の健康診断で2型糖尿病と診断され、紹介されたクリニックで血糖降下薬を処方されて内服を継続していた。50歳ころから視力の低下と持続性蛋白尿を指摘され、腎臓内科を受診し食事指導を受けた。しかし、仕事が忙しく食事指導の内容を守れていなかった。1年前から、足のしびれが出現するようになった。
問 94
Aさんの現在の状況のアセスメントで適切なのはどれか。
  1. 緑内障が疑われる。
  2. 運動療法が必要である。
  3. 糖尿病性神経障害が疑われる。
  4. 高蛋白質の食事摂取が必要である。
3
問 95
Aさんは、3か月前に末期腎不全の状態で腎代替療法(血液透析)が必要であると腎臓内科の医師から説明された。シャント造設のための入院を予定していたが、仕事が忙しく延期となっていた。1週前から感冒症状があり、体重増加、全身浮腫、全身倦怠感、呼吸苦が出現したため、緊急入院となった。透析用のカテーテルを挿入し、緊急血液透析を行った。
入院時の身体所見:体重73kg(1週間で4kg増加)、血圧178/105mmHg。
入院時の検査所見:Hb9.5g/dL、血清尿素窒素72mg/dL、血清クレアチニン9.0mg/dL、血清カリウム6.8mEq/L、血清ナトリウム138.5mEq/L。
緊急入院時のAさんの胸部エックス線写真(別冊No.5)を別に示す。
Aさんが緊急血液透析となった病態で正しいのはどれか。
問95の画像
  1. 貧血
  2. 心不全
  3. 低カリウム血症
  4. 低ナトリウム血症
2
問 96
 Aさんは、緊急血液透析によって全身状態が改善した。その後、シャント造設術を受け、週3回の血液透析となり、退院後は職場に近いクリニックで維持血液透析を受けることが決定した。Aさんから、退院後の生活について「仕事に復帰予定ですが、医療費の支払いが心配です」と発言があった。
維持血液透析により身体障害者手帳を取得したAさんが利用できる医療費助成制度はどれか。
  1. 医療扶助
  2. 自立支援医療
  3. 訪問看護療養費
  4. 認定疾病に対する医療の給付
2
次の文を読み97〜99の問いに答えよ。
 Aさん(81歳、男性)は、妻(73歳)と2人暮らし。自宅でのADLは自立し、認知機能に障害はない。
 Aさんは食欲不振と腹部不快感、微熱を主訴に受診したところ、急性胆囊炎と診断され、その日のうちに入院した。Aさんのバイタルサインは、体温37.3℃、呼吸数22/分、脈拍90/分、血圧136/84mmHg。入院後は絶飲食の指示があり、持続点滴静脈内注射と抗菌薬の投与が開始された。トイレ歩行の許可は出ている。
問 97
Aさんの病室環境で適切なのはどれか。
  1. 座った時に膝関節が90度になる高さにベッドを調整する。
  2. 点滴スタンドをベッドに固定する。
  3. ポータブルトイレを設置する。
  4. 離床センサーを設置する。
1
問 98
入院後2日、妻がAさんについて「入院してからよく寝ています。時々ここが病院だとわからないようです。話しかけても気づかず、天井を眺めていることもあるし、しゃべり続けることもあります」と看護師に訴えた。Aさんのバイタルサインは、体温36.9℃、呼吸数20/分、脈拍88/分、血圧144/80mmHg。
Aさんの状態で最も考えられるのはどれか。
  1. うつ病
  2. せん妄
  3. ナルコレプシー
  4. 急性ストレス反応
2
問 99
入院後3週、Aさんは症状が改善し、退院することになった。Aさんは「退院したら孫たちと温泉旅行をして、おいしいものをたくさん食べることが楽しみです。何か気を付けることはありますか」と看護師に話した。
退院時のAさんへの指導で適切なのはどれか。
  1. 「上腹部の痛みがあったら受診してください」
  2. 「食事内容の制限はありません」
  3. 「運動は控えてください」
  4. 「入浴しないでください」
1
次の文を読み100〜102の問いに答えよ。
 Aさん(80歳、男性)は、妻(80歳)と2人暮らし。血管性認知症でパーキンソニズムがみられる。認知症高齢者の日常生活自立度判定基準ランクⅡb、要介護2。普段は妻がAさんの身の回りの世話をしているが、妻が入院したため短期入所療養介護のサービスを受けることになった。入所時のAさんは歩行開始困難、加速歩行、すくみ足などの歩行障害がみられた。Aさんは「最近、家の中でつまずくことが多くなりました」と入所中の施設の看護師に話した。
問 100
Aさんへの歩行指導で適切なのはどれか。
  1. 歩行時の方向転換は素早く行うようにする。
  2. 目線を足元に向けて歩くようにする。
  3. 足踏みをしてから歩くようにする。
  4. 歩行時はすり足で歩くようにする。
3
問 101
入所初日の夜、Aさんはトイレに行った後、入所者Bさんの部屋に入ったという夜勤者からの申し送りがあった。
Aさんへの対応で最も適切なのはどれか。
  1. Aさんの部屋の前にAさんが認識しやすい目印を掲示する。
  2. 夜間は2時間ごとにAさんを起こしてトイレに誘導する。
  3. 夜間は尿器を使用することをAさんに勧める。
  4. AさんとBさんの部屋を入れ替える。
1
問 102
Aさんは「もっと歩けるようになりたい。妻の負担にならずに生活できるようになりたい」と話している。
退所後にAさんが利用する介護給付におけるサービスで最も適切なのはどれか。
  1. 訪問介護
  2. 療養通所介護
  3. 通所リハビリテーション
  4. 認知症対応型共同生活介護〈認知症高齢者グループホーム〉
3
次の文を読み103〜105の問いに答えよ。
 A君(8歳、男児、小学3年生)は、父親(40歳、会社員)と母親(38歳、主婦)との3人暮らし。多飲と夜尿を主訴に小児科を受診した。尿糖4+のため、1型糖尿病の疑いで病院に紹介され、精密検査を目的に入院した。A君は身長123cm、体重27.5kg(1か月前の体重は29.5kg)。入院時のバイタルサインは、体温36.9℃、脈拍100/分、血圧98/42mmHg。随時血糖300mg/dL、HbA1c9.3%、抗グルタミン酸デカルボキシラーゼ〈GAD〉抗体陽性。尿糖4+、尿ケトン体3+。血液ガス分析pH7.02であった。
問 103
入院時に確認する症状はどれか。2つ選べ。
  1. 咳嗽
  2. 腹痛
  3. 浮腫
  4. 発疹
  5. 意識レベル
25
問 104
入院後、インスリンの持続点滴静脈内注射が開始された。入院後3日に血糖値が安定し、インスリンの持続点滴静脈内注射が中止された。ペン型注射器によるインスリン療法が開始され、看護師は母親とA君に自己血糖測定とインスリン自己注射について説明した。A君は「自分で注射するなんてできない」と言ってインスリン自己注射の練習が進まない。
A君への看護師の対応で最も適切なのはどれか。
  1. インスリン自己注射の必要性を繰り返し説明する。
  2. A君が納得するまで母親にインスリン注射をしてもらう。
  3. インスリン自己注射ができるようになったら退院できると話す。
  4. インスリン自己注射をしている同年代の糖尿病患児と話す機会を作る。
4
問 105
A君と母親は、自己血糖測定とインスリン自己注射に関する手技を身につけて退院し、外来通院となった。退院後2か月、A君と母親が定期受診で来院した際、看護師がA君に生活の様子を尋ねたところ「学校では血糖測定もインスリン注射もやっているよ。給食は楽しみで好き嫌いなく食べているよ」と話した。母親は「帰宅時に時々手の震えや空腹感を訴え、血糖を測定すると60mg/dL台のことがあり、自分で補食を選んで食べています。なぜ日によって低血糖になることがあるのでしょうか」と話している。
看護師がA君の低血糖の原因をアセスメントする際に優先して収集すべき情報はどれか。
  1. インスリン自己注射に対するA君の認識
  2. 学校内でインスリン自己注射を行う場所
  3. 学校での運動量
  4. 給食の摂取量
3
次の文を読み106〜108の問いに答えよ。
 Aさん(28歳、初妊婦)は、夫(30歳、会社員)と2人暮らし。妊娠37週0日で妊婦健康診査のため来院した。身長160cm、体重62kg(非妊時体重54kg)。血圧122/74mmHg。Hb12.1g/dL、Ht36%。尿蛋白(-)、尿糖(-)。下肢に軽度の浮腫を認める。子宮底長32cm、推定胎児体重2,810g。Aさんは「1時間に2、3回お腹が張ることがありますが、休んでいるとおさまります」と言う。
問 106
このときのAさんの状態で正しいのはどれか。
  1. 陣痛発来
  2. 正常な妊娠経過
  3. 胎児発育不全〈FGR〉
  4. 妊娠高血圧症候群〈HDP〉
2
問 107
妊婦健康診査後、Aさんは「数日前から頻回に尿意を感じるようになり、夜間もトイレへ行くために目が覚め、よく眠れない」と看護師に訴えてきた。Aさんに排尿時痛および残尿感はない。
Aさんへの看護師の対応で適切なのはどれか。
  1. 水分摂取を促す。
  2. 骨盤底筋群の運動を促す。
  3. 分娩後には改善する可能性が高いと説明する。
  4. 睡眠薬の処方について医師に相談すると伝える。
3
問 108
Aさんは「初めての育児なので不安です。実家の母が手伝いに来てくれる予定ですが、夫は忙しくていつも22時ころにならないと帰ってきません」と言う。
Aさんへの看護師の対応で最も適切なのはどれか。
  1. 「新生児訪問指導の時に相談してください」
  2. 「夫に早く帰ってきてもらうよう相談してください」
  3. 「実母以外にも手伝ってくれる人をみつけましょう」
  4. 「育児について不安に思っている内容を一緒に確認しましょう」
4
次の文を読み109〜111の問いに答えよ。
 在胎39週4日で、正常分娩で出生した児。出生体重3,000g、身長48.0cm。出生直後、児に付着していた羊水をふき取り、インファントラジアントウォーマーの下で観察を行った。体温37.5℃、呼吸数56/分、心拍数150/分、呼吸音は異常なし。看護師は観察を終え、温めておいたベビー服を着衣させ、同様に温めておいた寝具を用いて準備をしたコットに児を寝かせた。コットは壁際や窓辺を避け、空調の排気口からの風が当たらない場所に配置した。
問 109
看護師が児の体温保持のために行ったことと、それにより予防される熱の喪失経路との組合せで正しいのはどれか。
1.
羊水をふき取ったこと
蒸散
2.
観察をインファントラジアントウォーマーの下で行ったこと
対流
3.
温めたベビー服と寝具を用いたこと
輻射
4.
風が当たらない場所にコットを配置したこと
伝導
1
問 110
生後1日。児の状態は、体温37.0℃、呼吸数48/分、心拍数120/分、呼吸音は異常なし。体重2,850g。出生後から現在までの状態は安定していた。母親も分娩時の疲労から回復し、産後の状態も安定しているため、母児同室を開始することとなった。この施設では、自律授乳を行っている。
母親へのオリエンテーションの内容で適切なのはどれか。
  1. 「新生児室へ行く時は、赤ちゃんをコットに寝かせて移動してください」
  2. 「沐浴の時は、赤ちゃんのネームバンドを外しましょう」
  3. 「赤ちゃんの体温は1時間おきに測ってください」
  4. 「授乳は3時間ごとにしてください」
1
問 111
生後3日。看護師が朝の観察を行った時の児の状態は、体温37.0℃、呼吸数
40/分、心拍数130/分。体重2,680g。顔面と胸部の皮膚に黄染が認められる。その他の部位は淡紅色である。手関節と足関節の皮膚に落屑がある。尿は6回/日、便は2回/日で移行便である。
児の状態で生理的特徴から逸脱しているのはどれか。
  1. 体温
  2. 呼吸数
  3. 皮膚色
  4. 体重減少率
  5. 皮膚の落屑
4
次の文を読み112〜114の問いに答えよ。
 Aさん(男性、26歳、会社員)は、高校時代に自閉症スペクトラム障害の診断を受け、外来通院をしながら仕事を続けていた。これまでの職場ではストレスが少なく、規則正しい生活ができていた。しかし、1か月前に新しい職場に異動になってから生活が不規則となり、数日前より無断欠勤が続いている。同居している家族に対してAさんは「家にいると仕事のことばかり考えてしまい眠れない。食欲もないし、環境を変えてゆっくり休みたい」と話したため、Aさんは家族とともに精神科外来を受診し、休養目的で任意入院することになった。
問 112
看護師が入院時に聴取する情報で優先度が高いのはどれか。
  1. 業務量の変化
  2. 職場での人間関係
  3. 最近1か月の生活状況
  4. 無断欠勤に対する親の反応
3
問 113
入院中のAさんは、面会や検査等の予定が急に変更になると混乱し、看護師に対して予定を繰り返し確認することがあった。
このときのAさんへの看護師の対応で適切なのはどれか。
  1. 文字や図を用いて説明する。
  2. 確認を繰り返す理由を尋ねる。
  3. 複数の情報を同時に提供する。
  4. 状況を考えて行動するよう説明する。
1
問 114
入院後1か月、Aさんは十分な休養が得られた。退院後の職場復帰にあたり、Aさんから「仕事がうまくいかないと、すごく混乱して落ち着かなくなってしまう。そうなった時はどうしたら良いか」と看護師に相談があった。
Aさんへの助言で適切なのはどれか。
  1. 「混乱するAさんを職場の人がどう見ているか想像しましょう」
  2. 「多くの人からアドバイスをもらいましょう」
  3. 「混乱した原因を周囲の人に説明しましょう」
  4. 「1人で落ち着ける場所に移動しましょう」
4
次の文を読み115〜117の問いに答えよ。
 Aさん(57歳、男性)は、妻(55歳)と長女(28歳)の3人暮らし。4年前に直腸癌と診断され、手術を受けてストーマを造設した。その後、Aさんは直腸癌を再発し、治療を行ったが効果がなく、腹部のがん疼痛を訴えたため、疼痛をコントロールする目的で入院した。主治医からAさんと家族に余命4か月程度と告知され、Aさんは「痛みは取り除いてほしいが、延命治療は望まない。自宅で好きなことをして過ごしたい」と話している。現在、Aさんはオキシコドン塩酸塩を1日2回内服し、痛みがなければ日常生活動作〈ADL〉は、ほぼ自立している。
問 115
Aさんは退院後に訪問診療と訪問看護を利用することになり、今後の支援の方向性を確認するため、退院前にAさんと家族も参加するカンファレンスを開催した。
カンファレンスで確認する内容で最も優先度が高いのはどれか。
  1. 看取りの場所
  2. ストーマパウチの交換方法
  3. 訪問リハビリテーションの必要性
  4. 退院後の生活でAさんが行いたいこと
4
問 116
退院後、Aさんは痛みが強くなってきたため、主治医はオキシコドン塩酸塩を増量したが、Aさんは眠気が強くなり「薬を飲みたくない」と訴えた。そのため、フェンタニル貼付剤に切り替え、レスキュー薬としてフェンタニルクエン酸塩舌下錠が処方された。
訪問看護師によるAさんの家族への痛緩和のための薬物療法の指導で適切な
のはどれか。
  1. 副作用で便秘が生じた場合には貼付しない。
  2. 残ったオキシコドン塩酸塩は自宅で保管する。
  3. レスキュー薬は使用間隔を気にせず使用してよい。
  4. フェンタニル貼付剤の交換時に家族が貼付面に触れないようにする。
4
問 117
退院後3か月。Aさんの食事や水分の摂取量は減り、徐々に傾眠傾向になってきた。Aさんの妻は訪問看護師に「少し怖いが、できればこのまま自宅で看ていきたい」と話した。
Aさんを自宅で看取るための訪問看護師の対応で適切なのはどれか。
  1. 高カロリー輸液の開始を医師と相談する。
  2. Aさんの清潔ケアは看護師が行うことを妻に伝える。
  3. 今後起こりうるAさんの状態の変化を妻に説明する。
  4. Aさんが亡くなるまで家族がそばを離れないように伝える。
3
次の文を読み118〜120の問いに答えよ。
 Aさん(75歳、女性)は、脂質異常症と高血圧症で通院中で、定期受診のため、外来待合室で順番を待っていた。Aさんは、待合室の雑誌を取ろうと立ち上がり、歩こうとしたところ、右足が思うように動かず引きずって歩いた。外来看護師が声をかけると、Aさんは「らいじょうぶ」と返答したが、ろれつが回らなかった。
問 118
この時のAさんの症状はどれか。
  1. 痙縮
  2. 失語
  3. 構音障害
  4. パーキンソニズム
3
問 119
検査の結果、Aさんは左脳の運動野に脳梗塞を発症していることが分かった。Aさんは3週間の入院治療を経て転院し、2か月間のリハビリテーションを行うことになった。
転院先の医療機関に提供する情報で最も優先するのはどれか。
  1. 診療情報提供書
  2. 要介護認定の申請書
  3. 医療相談員の相談記録
  4. 使用中の車椅子の機種
  5. 身体障害者手帳の申請書
1
問 120
Aさんは、2か月間のリハビリテーションの結果、健側をつかってベッド上で
端坐位ができるようになり、補装具をつければ軽介助で歩行できる状態まで回復した。退院後はベッド柵をつけた介護用ベッドを設置し、自宅で生活をする予定である。Aさんが自宅で使用する介護用ベッドの柵の配置を図に示す。
ベッド柵の配置で適切なのはどれか。
1. 2.
選択肢1の画像選択肢2の画像
3. 4.
選択肢3の画像選択肢4の画像
1