nurture.jp サイトについて

第96回 看護師国家試験 午前問題(1 - 30問)

問 61
災害時のトリアージカラーで最優先治療群はどれか。
2
問 62
看護方式とその説明との組合せで正しいのはどれか。
1.
モジュール型
1人の看護師が毎日異なる患者を担当する。
2.
チームナーシング
看護に必要な業務を係を決めて割り当てる。
3.
機能別看護
1つの看護単位がリーダーの下で看護を行う。
4.
プライマリナーシング
1人の看護師が特定の患者を継続的に担当する。
4
問 63
都道府県ナースセンターの事業はどれか。
  1. 無料での職業紹介
  2. 病院等への財政上の助成
  3. 看護師等確保推進者の設置
  4. 看護師等就業協力員の委嘱
1
問 64
訪問看護ステーションの利用理由で最も多い疾患はどれか。
  1. 糖尿病
  2. 骨粗鬆症
  3. 脳血管疾患
  4. 統合失調症
3
問 65
自宅への退院が予定されている全介助が必要な95歳の女性。70歳の娘と2人暮らし。退院前のカンファレンスに訪問看護師が参加した。
訪問看護師が行うのはどれか。
  1. 要介護認定の申請
  2. 介護用ベッドの購入
  3. かかりつけ医の決定
  4. 介護力の査定
4
問 66
ノルウェー疥癬と診断された在宅療養者。
介護者への指導で適切なのはどれか。
  1. 療養者のケアには手袋を用いる。
  2. 入浴はデイサービスを利用する。
  3. 衣類は家族の物と一緒に洗ってよい。
  4. かゆみには副腎皮質ステロイド剤を塗布する。
1
問 67
娘夫婦と3人暮らしの寝たきり高齢者。会話は可能。介護している娘は交換後のオムツをベッド上に放置している。娘は「最近世話をしているとイライラする。夫とろくに話をする時間がない。もう母の顔も見たくない」と訪問看護師に訴えた。
介護者の状況で最も考えられるのはどれか。
  1. 夫への不満
  2. 強度の心身の疲労
  3. 母への身体的虐待
  4. オムツを購入できない経済状況
2
問 68
左片麻痺で、杖歩行している在宅高齢者。
転倒予防のための家族への指導で適切なのはどれか。
  1. 廊下に物を置かない。
  2. 玄関にマットを敷く。
  3. 室内ではスリッパを履く。
  4. 室内では4点杖は使わない。
1
問 69
在宅酸素療法(2L/分 24時間)を行っている療養者の居住地域で1週後に日中3時間の停電が予定されている。
停電への対応で最も適切なのはどれか。
  1. 事前の呼吸訓練
  2. 携帯用酸素ボンベの使用
  3. 自家発電機の購入
  4. 医療機関への入院
2
問 70
在宅中心静脈栄養を行っている療養者。
介護者への指導で適切なのはどれか。
  1. 輸液中は体動を制限する。
  2. 療養者の入浴は行わない。
  3. 滴下しているのを確認する。
  4. カテーテル刺入部の消毒は月1回行う。
3
問 71
人工肛門を造設している寝たきりの在宅高齢者。
介護者への皮膚保護シート(人工肛門周囲に装着する皮膚保護材)についての指導で適切なのはどれか。
  1. 毎日交換する。
  2. 滅菌操作で交換する。
  3. 腹壁を伸展させて貼付する。
  4. 人工肛門より小さめにカットする。
3
問 72
保健行動を促す援助はどれか。
  1. 知識の程度を点数化する。
  2. 情報は一括して提示する。
  3. 本人の自己決定を支援する。
  4. 目標の達成度を集団で競わせる。
3
問 73
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の判定項目に含まれるのはどれか。
  1. 体重
  2. 胸囲
  3. 腹囲
  4. 皮下脂肪厚
3
問 74
平衡機能検査を必要とするのはどれか。
  1. 失行
  2. 羞明
  3. めまい
  4. しびれ
3
問 75
頭痛の検査で外来受診した女性。異常は認められないと医師から説明されたが、「このままでは職場に行っても仕事がはかどらない」と看護師に話した。
対応で最も適切なのはどれか。
  1. 「異常はないのですから気のせいです」
  2. 「仕事に打ち込んでみてください」
  3. 「入院して経過をみてはどうでしょうか」
  4. 「痛みが起こる時の状況を記録してみましょう」
4
問 76
図の術中体位で麻痺が最も起こりやすいのはどれか。
問76の画像
  1. 腋窩神経
  2. 肋間神経
  3. 坐骨神経
  4. 腓骨神経
4
問 77
抗癌薬を末梢から点滴静脈内注射している患者の訴えで、緊急度が最も高いのはどれか。
  1. 嘔気
  2. 倦怠感
  3. 刺入部痛
  4. 食欲不振
3
問 78
35歳の乳癌手術後の患者。夫と2人暮らし。医師から退院の許可が出たが、少量の浸出液の漏出があり患者は不安に感じている。
退院の準備で適切なのはどれか。
  1. 転院施設を探す。
  2. 上肢の運動で浸出液の排出を促す。
  3. 夫の退院への同意を確認する。
  4. ガーゼ交換方法の習得状況を確認する。
4
問 79
中途視覚障害者の歩行訓練で適切なのはどれか。
  1. 白杖の先端は、つま先の直前になるように位置する。
  2. 手引き歩行では、誘導者の肘の上を片手で軽く握る。
  3. 壁に伝い歩きをする時は、肩を壁面にすべらせて歩く。
  4. 顔の高さに障害物がある時は、手のひらで顔を覆って歩く。
2
問 80
成人の健康行動の特徴はどれか。
  1. 自尊感情の低下で自己概念が揺らぐ。
  2. 無力感はエンパワメントから生じる。
  3. 自己効力感は失敗体験により培われる。
  4. アドヒアランスは知識不足が促進要因となる。
1
問 81
術後4日の下垂体腫瘍切除術後の患者への指導で適切なのはどれか。
  1. 水分を制限する。
  2. 塩分を制限する。
  3. 定期的に鼻をかむ。
  4. 排尿量を記録する。
4
問 82
トータルペインで適切なのはどれか。
  1. 全人的苦痛としてとらえる。
  2. がん患者以外には適用しない。
  3. スピリチュアルペインは含まない。
  4. 鎮痛薬でコントロールできるものが対象である。
1
問 83
癌性疼痛で硫酸モルヒネ徐放薬を内服している患者。内服予定時刻の2時間前に疼痛を訴えた。
この時点に最も適している薬剤とその与薬方法はどれか。
  1. 抗ヒスタミン薬の内服
  2. 塩酸モルヒネ水の内服
  3. フェンタニルの皮膚貼用
  4. ペンタゾシンの筋肉内注射
2
問 84
聴診器を用いた気管呼吸音の聴取部位で正しいのはどれか。
  1. 喉頭直下の上胸部(胸骨上部)
  2. 肋骨縁と鎖骨中線の交差部位
  3. 第2肋間と鎖骨中線の交差部位
  4. 第4胸椎正中から肩甲骨部
1
問 85
緊急時の自動体外式除細動器(AED)の使用で正しいのはどれか。
  1. 服の上からでも実施可能である。
  2. 医師の指示を得てから実施する。
  3. 動かないよう肩を抑える。
  4. 施行者に制限はない。
4
問 86
点眼指導で適切なのはどれか。
  1. 油性と水性では油性を先に点眼する。
  2. 容器の先端が睫毛に接したら点眼する。
  3. 点眼後は乾燥するまでまばたきをしない。
  4. 点眼後はふき綿で涙嚢部を軽く圧迫する。
4
問 87
左心不全で入院中の片麻痺患者。夜間に呼吸が苦しくなり顔色不良となった。
対応で適切なのはどれか。
  1. 肩枕を入れる。
  2. 起坐位にする。
  3. 下肢を挙上する。
  4. ヴァルサルヴァ法を実施する。
2
問 88
食道癌術後合併症のうち早期離床で予防できるのはどれか。
  1. 肺炎
  2. 乳び胸
  3. 後出血
  4. 反回神経麻痺
1
問 89
慢性膵炎患者の食事療法で制限が必要なのはどれか。
  1. 脂肪
  2. 蛋白質
  3. カリウム
  4. 脂溶性ビタミン
1
問 90
肝硬変患者の意識が混濁し始めた。
アセスメントで最も重要なのはどれか。
  1. 血糖値の上昇
  2. ケトン体の増加
  3. 血漿浸透圧の上昇
  4. 血中アンモニア値の上昇
4